キッズ
コーナー有
ブログ
更新中

住宅展示場鳳店

写真
写真
写真
写真
写真

マウスオーバーで画像が大きくなります

見て触れて実感ください!

【営業時間】9:00~18:00
(定休日:水曜日)

住所 〒593-8328 大阪府堺市西区鳳北町7-84
TEL 072-267-2600
最寄り駅 JR阪和線「津久野駅」徒歩10分
営業時間 9:00~18:00 定休日:水曜日

コメント

住宅展示場 鳳店はモデルハウスと事務所を併用した関西唯一の店舗となっております。
建物のみをご検討の方は基より、建替えをご検討の方、土地から住宅をご検討の方等ご家族にあったご計画を一緒に考えていきたいと思いますので、是非ご来場下さいます様スタッフ一同心よりお待ちしております。

一建設 Staff Blog~家づくりと地域情報をつづります~

ハウスメーカー選びで失敗しないためのポイントは?

2019.02.28

私が書きました

メンバー
名前
松本
メッセージ
800棟以上の注文住宅の担当をしてきました。動線や家具配置を考えたプラン作り、お客様自身でコーディネートできるインテリアのヒントなど、女性目線で楽しい打合せをさせていただきます。

たくさんのハウスメーカーから家づくりを任せる会社を選ぶには、どのような点に気を付ければ良いのでしょうか?
家づくりで後悔しないためのハウスメーカー選びについてお話します。

e5e7d4f9d0a7e00b8afebfea0b5682bd_s
※画像はイメージです

見積金額だけで決めない

ハウスメーカーにはそれぞれ特徴があります。
豪華な家づくりで有名な会社、コンパクトな間取りに定評のある会社、木造の技術がしっかりした会社、住宅設備機器を安く仕入れられる会社など、それぞれ得意分野が異なります。
会社によって基礎や建物の工法も違うのですが、見積の金額だけ比較していてもそれらの違いにはなかなか気付きません。
ハウスメーカーを比較する際は、ぜひ金額だけでなく得意分野や工法について注目してください。

アフターサービスも要チェック

家づくりの段階ではなかなか建てた後のことまで気が回りません。
引き渡し後にトラブルがあって、初めてアフターサービスについて知ったという方もいらっしゃいます。
工事の契約の前に、ぜひアフターサービスの内容をチェックしておきましょう。

まとめ

ハウスメーカーの違いを比較するには、住宅展示場で実際の建物を見学するのが役に立ちます。
モデルハウスの見学をご希望の方は、ぜひ鳳店までお越しください。

注文住宅の防音対策!住宅の防音性を向上させるポイントとは

2019.02.06

私が書きました

どれだけデザインや間取りの理想的な注文住宅を建てても、防音性が低く、毎日騒音に悩まされてしまう住宅では落ち着いて暮らせません。

快適な暮らしを送るためには、最低限の防音対策が必要なのです。

そこで今回は、注文住宅の防音性を向上させるポイントをご紹介します。

09947ea388606d6dc89e9596500157f3_s
※画像はイメージです

静かに過ごしたい部屋の間取りを工夫する

寝室など、とくに静かに過ごしたい空間は、騒音の発生源になりやすい道路や隣家から離しましょう。

また、意外と見落としやすいのが水道や空調の配管です。配管の配置によっては、誰かがトイレや浴室を使用するたびに音が響いてしまいます。

ダクトや配管の位置が問題にならないよう、不動産会社の担当者と相談して住宅の設計を決めていきましょう。

防音グッズを利用する

遮音シートや吸音材、防音対策を施した複層ガラスといった防音グッズに活用もおすすめです。

重低音を除けば、ほとんどの音はドアや窓、壁伝いに響きます。窓や壁の防音性能を向上させれば、その分静かな環境で過ごせるのです。

まとめ

防音グッズは価格が高いため、導入するなら予算に合わせたプランを考える必要があります。
注文住宅の防音対策について詳しく知りたい方は、鳳店までぜひお越しください。

ローコスト住宅を選ぶ際のポイントとは?

2019.02.04

私が書きました

メンバー
名前
中井誠
趣味
映画鑑賞
メッセージ
低価格でご提供できるのには「訳」があります!

従来の価格より低価格で家が建てられるローコスト住宅に注目が集まっています。
ローコスト住宅はなぜ価格を抑えて家を建てることができるのでしょうか。
ローコスト住宅を選ぶ際の注意点と合わせてご説明します。

718e966d456211e8e7da4cba0d44c379_s
※画像はイメージです

ローコスト住宅はなぜ安い?

ローコスト住宅は、ハウスメーカーの企業努力でコストを抑えることにより低価格を実現しています。
具体的に例をあげると、商品を規格化して同じ形状の建材を大量発注し、スケールメリットを生かしてコストを削減しています。
住宅設備も同じシリーズを大量購入することで、メーカーから安く仕入れることが可能です。
そのため、間取りや設備の自由度に制限があり、自分好みの家づくりを追求すると追加費用がかかってしまうのがデメリットと言えます。
その他、営業活動にかかる人件費や広告宣伝費の見直しなど、さまざまな面でコスト削減を図っています。

ローコスト住宅を選ぶ際のポイント

各ハウスメーカー・工務店によって、ローコスト商品の特徴はさまざまです。
住宅設備メーカーの系列企業であれば水回り設備が充実していたり、建材メーカーとつながりがある企業なら外装がおしゃれなデザインだったりします。
広告宣伝費にお金をかけないことでローコストを実現しているメーカーは、あまり聞きなれない社名だとしても品質は見劣りしないものになるでしょう。
ローコスト住宅を選ぶ際は、各ハウスメーカー・工務店の強みを把握し、優先順位をつけて自分に合う会社を選ぶことがポイントです。

まとめ

ローコスト住宅は決して「安かろう、悪かろう」ではありません。
注文住宅を建てる際はぜひ選択肢の一つとしてご検討ください。
注文住宅に興味がありましたら、ぜひ鳳店までご見学にお越しください。

資料請求
来場予約