キッズ
コーナー有
ブログ
更新中

住宅展示場鳳店

写真
写真
写真
写真
写真

マウスオーバーで画像が大きくなります

見て触れて実感ください!

【営業時間】9:00~18:00
(定休日:水曜日)

住所 〒593-8328 大阪府堺市西区鳳北町7-84
TEL 072-267-2600
最寄り駅 JR阪和線「津久野駅」徒歩10分
営業時間 9:00~18:00 定休日:水曜日

コメント

住宅展示場 鳳店はモデルハウスと事務所を併用した関西唯一の店舗となっております。
建物のみをご検討の方は基より、建替えをご検討の方、土地から住宅をご検討の方等ご家族にあったご計画を一緒に考えていきたいと思いますので、是非ご来場下さいます様スタッフ一同心よりお待ちしております。

一建設 Staff Blog~家づくりと地域情報をつづります~

高気密&高断熱な家はなぜ推奨されているの?

2018.09.29

私が書きました

メンバー
名前
中井誠
趣味
映画鑑賞
メッセージ
低価格でご提供できるのには「訳」があります!

環境省をはじめとした国の機関が推進している「高気密&高断熱」の家づくり。
どのようなメリットがあって、なぜ推奨されているのでしょうか?

561fab3d3a20919d1e3666a7bf207b3b_s
※画像はイメージです

自然環境の変化と高気密&高断熱

今年の夏は記録的な猛暑で、家の中にいても熱中症に注意しなければならないほどでした。
一昔前の日本であれば窓を開けて風を通せば涼しくなっていた印象ですが、最近はしっかり冷房を使うように注意喚起されていますね。
冷暖房を頻繁に使う場合、隙間が多く熱が逃げやすい従来の日本家屋よりも、高気密&高断熱の家の方が向いています。
少ないエネルギーで効率良く部屋を冷やしたり暖めたりできるので、光熱費も安く済みます。

世界的な省エネのニーズと高気密&高断熱

地球温暖化問題の解決や自然エネルギーへの転換といった世界のニーズにこたえるため、国を挙げて高気密&高断熱な省エネ住宅の普及が推進されています。
冷暖房で消費されるエネルギーが節約されれば、温暖化の原因となる二酸化炭素の発生も抑えられるためです。
国の基準を満たす省エネ住宅を新築する場合は、さまざまな助成金や税の特例、住宅ローンの金利優遇などを受けることができます。
せっかく家を建てるなら、高気密&高断熱の家の方がお得なことが多いというわけです。

まとめ

夏は冷房が効きにくい、冬は隙間風で底冷えがする、といった家にお住まいなら、高気密&高断熱の省エネ住宅へ建て替えを検討してみませんか?
省エネ住宅に興味ある方は、ぜひ鳳店までお越しください。

注文住宅の防音性をアップ!静かな暮らしを手に入れるための防音対策

2018.09.22

私が書きました

メンバー
名前
長内幸博
趣味
スポーツフィッシング
メッセージ
お客様との出会いを大切にし、お客様に合ったご提案を心がけていますので、どんなことでもお気軽にご相談ください。

外の騒音が入ってくると、家の中でリラックスできません。

今回は、注文住宅の防音効果を高めるための対策をご紹介します。

1a48541852e491f33a9cd02702377270_s
※画像はイメージです

間取りの調整で防音対策

騒音が入ってくるのは、おもに窓やドアといった「開口部」と呼ばれる部分です。開口部は壁などに比べて厚みが薄く隙間もできやすいため、交通量の多い国道や線路などに面していると、どうしても騒音が入ってきてしまいます。間取りを考える際は、できるだけ開口部を音の発生源とは違う方向に向けましょう。

また、意外と見落としやすいのが換気扇用のダクトです。ダクトの位置は間取り図だとわかりづらいため、設備図などを使ってダクトの吹き出し口がどこに向いているのか確認することも忘れずに。

防音グッズの利用もおすすめ

土地の形や住宅のデザインなどの関係から、騒音の発信源がある方向に窓やドアを設置する必要がある場合は、遮音性の高い防音製品を使うのもおすすめです。二重ガラスや内窓を後付できるサッシなどを使うと、外気温が家の中に伝わりづらくなるため、冷暖房の効率もアップします。

まとめ

家を建ててから窓やダクトの位置を動かすのは大変です。騒音を気にならない快適な注文住宅を建てたい方は、鳳店までお越しください。

注文住宅、工事契約後の重要ポイントを押さえよう

2018.08.31

私が書きました

メンバー
名前
松本
メッセージ
800棟以上の注文住宅の担当をしてきました。動線や家具配置を考えたプラン作り、お客様自身でコーディネートできるインテリアのヒントなど、女性目線で楽しい打合せをさせていただきます。

工事の契約を行った後、家づくりはどのように進んでいくのでしょうか。

重要なポイントをいくつかご紹介したいと思います。

b6735f5728e216e0a97fdac76ad4c922_s
※画像はイメージです

さらに詳細な打ち合わせを進めます

見積もりのベースとなったプランを元に、より詳しい内容の打ち合わせを進めます。
内装・外観のデザインをはじめ、細かいものではコンセントの取り付け位置まで決めていきます。
この段階で新たな希望を加える場合、追加の費用はどれぐらいかかるのかを必ず確認しましょう。

役所に申請・確認を行います

詳しいプランが固まったら、着工前に建築確認申請を行います。
建築確認とは、建築予定の建物が建築基準法などの規定に適合しているかどうかを図面で審査するものです。
建築のルールの中には地震や火災の被害を減らすための規定もあるので、安全な家づくりのために大切なステップです。

引き渡し前に検査を行います

建物が完成したら、引き渡しの前に最終検査を行います。
図面通りにできているか、内装・外装や設備の品質に問題がないかなど、さまざまな視点で入念なチェックを行います。
検査はお客様に立ち会いのもと、問題がないか確認していただきます。
建築確認の届け出通りに建物が完成したか確認するための、役所の完了検査もこのタイミングで行います。

まとめ

工事着工後、約4カ月で注文住宅が完成します。
完成まではあっという間なので、契約後の段取りをしっかりと把握しておきましょう。
注文住宅を建てたくなったら、ぜひ鳳店までお越しください。