キッズ
コーナー有
ブログ
更新中

住宅展示場千葉中央店

写真
写真
写真
写真
写真

マウスオーバーで画像が大きくなります

見て触れて実感ください!

【営業時間】9:00~18:00
(定休日:水曜日)

住所 〒260-0843 千葉県千葉市中央区末広5-3-5
TEL 043-209-2660
最寄り駅 京成千原線「千葉寺駅」徒歩5分
営業時間 9:00~18:00 定休日:水曜日

コメント

住宅展示場千葉中央店は、千葉寺駅からアリオ蘇我店に向かう途中、末広街道手前左側に位置しております。
住まいに関するご相談、土地の確認、プランのご提案等お客様の「住まいの夢」をしっかりサポートさせていただきます。
お近くにお越しの際は、ぜひ、お立ち寄りください。
皆様のご来場をスタッフ一同心よりお待ちしております。

はじめスマイルキャンペーン

一建設 Staff Blog~家づくりと地域情報をつづります~

新春イベントのお知らせ

2017.01.05

私が書きました

新春のお慶びを申し上げます。

本年も何卒よろしくお願い申し上げます。

 

 

新春「大見学会」のお知らせです。

1月7(土)・8(日)・9(祝)・14(土)・15(日)の5日間

開催時間は9:00から18:00になります。

来場アンケートにお答えいただいたご家族様には

数量限定ですが”福袋”を1つプレゼントいたします。

※なくなり次第配布終了となります。あらかじめご了承ください。

この機会に是非、一建設の人気シリーズ「リーブルセレクト」を体感ください。

%e4%b8%80%e5%bb%ba%e8%a8%ad%e3%83%81%e3%83%a9%e3%82%b7b4_%e8%a1%a8_%e5%8d%83%e8%91%89%e5%ba%97%e4%b8%80%e5%bb%ba%e8%a8%ad%e3%83%81%e3%83%a9%e3%82%b7b4_%e8%a3%8f_%e5%8d%83%e8%91%89%e4%b8%ad%e5%a4%ae%e5%ba%97

直接のご来場でもかまいませんが

スムーズなご案内のため「来場予約」お願いします。

 

 

皆様のご来場を心よりお待ちしております。

第38回皇后杯全日本女子サッカー選手権大会決勝 が開催されます。

2016.12.22

私が書きました

蘇我スポーツ公園にある「フクダ電子アリーナ」で、皇后杯全日本女性サッカー選手権大会が開催されます。

全国476チームで争われた選手権の決勝ですので、白熱した試合が予想されます。

千葉県内での皇后杯決勝は今回が初めてとなります。

60b51a0d24e821326570edc0af08dfcd_s - Edited
※画像はイメージです

開催概要

日時:2016年12月25日(日曜日)14時00分〜
料金:500円から12,000円
開催場所:蘇我スポーツ公園 フクダ電子アリーナ

詳しくはこちらのホームページをご覧ください。
http://www.jfa.jp/match/empressscup_2016/match_page/m47.html

なお、蘇我スポーツ公園までは弊社展示場から車で10分弱で行くことができます。

ぜひ決勝戦の前に弊社展示場にお立ち寄りくださいませ。

千葉市三世代同居等支援事業とは?

2016.12.13

私が書きました

メンバー
名前
川口尊生
趣味
妻とランチ巡り、野球観戦
メッセージ
小学生の頃から時間をかけてモノを作る事に興味があり大学では建築を専攻しておりました。一生に一度の大きな買い物になりますので後悔の無いよう様々な要望をぶつけて頂き、理想の住まいをお客様と造り上げていきたいと思います。

千葉市では「高齢者の孤立防止と家族の絆の再生を目的」として、3世代が同居する際の費用の一部を助成する「千葉市三世代同居等支援事業」を行っています。

下記のように要件が決まっており、注文住宅の工事着手前に手続きが必要になりますので対象になるか確認しておきましょう。

3sedai

※画像はイメージです

助成を受けるための事前手続

建築工事の着手前に申出書の提出が必要となります。

助成の要件

  • 離れて暮らしている「親と子と孫」を基本とする三世代の家族が、これから市内で同居または近隣(直線で1km以内)に居住すること
  • 親が65歳以上で1年以上千葉市に居住していること
  • 親が単身または夫婦のみの世帯であること(ただし、親の一親等の尊属が同居等をしている場合は助成の対象とする)
  • 孫は18歳に達する日以後の最初の3月31日を迎えていないこと
  • 住民税及び固定資産税を滞納していないこと
  • 家賃を滞納していないこと
  • 千葉市三世代同居等支援事業の助成を過去に受けたことがないこと
  • 他制度による公的住宅扶助(生活保護等)を受けていないこと
  • この事業の趣旨を理解し、協力して親に対する必要な支援(介護や見守り等)を行うことができること
  • 同居または近隣に居住している状態が、今後3年以上継続すること

助成額

1年目:住宅の新築に要する費用の合計額の2分の1か限度額50万円を比較して低い額
2・3年目:固定資産税・都市計画税の実費と限度額15万円を比較して低い額

「自分の場合が対象になるのかわからない・・・」という方は、ぜひ展示場にご相談におこし下さい。

資料請求
来場予約