キッズ
コーナー有
ブログ
更新中

住宅展示場千葉中央店

写真
写真
写真
写真
写真

マウスオーバーで画像が大きくなります

見て触れて実感ください!

【営業時間】9:00~18:00
(定休日:水曜日)

住所 〒260-0843 千葉県千葉市中央区末広5-3-5
TEL 043-209-2660
最寄り駅 京成千原線「千葉寺駅」徒歩5分
営業時間 9:00~18:00 定休日:水曜日

コメント

住宅展示場千葉中央店は、千葉寺駅からアリオ蘇我店に向かう途中、末広街道手前左側に位置しております。
住まいに関するご相談、土地の確認、プランのご提案等お客様の「住まいの夢」をしっかりサポートさせていただきます。
お近くにお越しの際は、ぜひ、お立ち寄りください。
皆様のご来場をスタッフ一同心よりお待ちしております。

一建設 Staff Blog~家づくりと地域情報をつづります~

「次世代省エネルギー基準」は高性能住宅の目印

2019.09.30

私が書きました

メンバー
名前
大井手博紀
趣味
ジョギング
メッセージ
マイホームに対する希望を聞かせて下さい。そしてそれを一緒にひとつひとつ組み立てていきましょう。皆さまの大切なオンリーワンのマイホームの実現に向けて精一杯がんばります。まずはお気軽にご相談下さい。

新しく家を建てるなら、「次世代省エネルギー基準」に適合した省エネ住宅はいかがですか?

52df3275c7e438d5e2f5ef349359e46b_s
※画像はイメージです

次世代省エネルギー基準とは?

平成11年に国土交通省で定められ、平成25年にさらに高度な基準に改められた住宅断熱性能の基準が「次世代省エネルギー基準」です。
国際的に問題視されている地球温暖化への対策として定められました。
伝統的な日本家屋は、木造で風通しが良く、温暖・湿潤な気候に合わせて造られていました。
その分、気密性・断熱性の面では弱点が多く、冷暖房を使用すると多くのエネルギーを消費してしまいます。
電気やガスで多くのエネルギーを消費すると、その分多くのCO2が排出され地球温暖化を加速させてしまいます。
次世代省エネルギー基準には、住宅の断熱性を高めてエネルギー消費量を抑え、CO2による温暖化をとどめようという目的があります。

現代社会に適した省エネ住宅

住宅が密集して風通しが悪かったり、酷暑で冷房をフル稼働させたりしなければいけない現代の日本では、気密性・断熱性に優れた省エネ住宅のメリットが発揮されます。
少ないエネルギーで冷暖房を効率よく運転できるので、光熱費もお得です。
また、次世代省エネルギー基準を満たす住宅を建てると、住宅ローンの金利や貸付額が優遇されるメリットもあります。

まとめ

新しい家を建てるなら、気密性・断熱性の高い高性能な省エネ住宅を建てませんか?
弊社の人気商品「リーブルセレクト」では、「次世代省エネルギー基準」を採用しています。
注文住宅を建てたくなったら、ぜひ千葉中央店までお越しください。

一年中快適で冷暖房費も節約できる!高気密高断熱の注文住宅とは

2019.09.13

私が書きました

メンバー
名前
齋藤篤史
趣味
スノーボード、旅行
メッセージ
長年培った経験を活かし、いつでも迅速な対応をする事を一番に心がけてお仕事をさせていただいております。是非一緒に夢のマイホームづくりをしましょう。最近プライベートでチャレンジした事は富士登山をしまして非常に感動致しました。

これからマイホームを建てようと考えている方におすすめしたいのが、一年を通して快適な室温で過ごすことができ、冷暖房費も節約可能な、高気密高断熱の注文住宅です。
ただ、「こだわった仕様でなくても十分」と考える方もいるでしょう。

ここでは、高気密高断熱の注文住宅とはどのような住まいなのか、建てるメリットは何なのかを解説していきます。

0617ead11de1dd9291082711681f6c6f_s
※画像はイメージです

高気密高断熱の注文住宅とは

高気密高断熱の住宅とは、

・気密性が高い=住宅の壁や床などが密閉されていて室内の空気が外に伝わりづらい
・断熱性が高い=家の外が暑くても寒くても室内にあまり影響しない

住まいのことです。
精度の高い設計と建設技術で住宅の隙間を減らしたり、熱をシャットアウトする断熱材や断熱性の高い窓などを設置したりしています。

高気密高断熱の注文住宅を選ぶメリット

高気密高断熱の注文住宅を選ぶメリットは、快適さと冷暖房費の安さです。
気密性や断熱性が高いと、夏でも冬でも一定の室温を維持できますし、冷暖房の使用量も抑えられます。

何より、注文住宅なら間取りや住宅の設備も自由です。
建売住宅では実現できない憧れの内装や仕様も手に入れられます。

まとめ

高気密高断熱の注文住宅について詳しく知りたい方は、千葉中央店までぜひお越しください。

対面キッチンを活用できる「リビング学習」とは?

2019.09.03

私が書きました

メンバー
名前
川口尊生
趣味
妻とランチ巡り、野球観戦
メッセージ
小学生の頃から時間をかけてモノを作る事に興味があり大学では建築を専攻しておりました。一生に一度の大きな買い物になりますので後悔の無いよう様々な要望をぶつけて頂き、理想の住まいをお客様と造り上げていきたいと思います。

注文住宅で対面キッチンを選ぶなら、子どもたちの学習スタイルに「リビング学習」を取り入れてみませんか?

74d792510fb7cf6ad371d3b26945cd23_s
※画像はイメージです

家族の会話が弾む対面キッチンの魅力

注文住宅の間取り中でも、特に人気の高いものが「対面キッチン」です。
キッチンで料理や皿の片付けをしながら、リビング・ダイニングにいる家族とも会話ができるのが喜ばれる理由です。
開放的なキッチンなら家事も楽しく、子どもたちも興味を持って進んでお手伝いしてくれることもあります。

対面キッチンにぴったりの「リビング学習」

個室の子ども部屋ではなく、リビングやダイニングなど家族のいる空間で勉強する「リビング学習」が注目されています。
一説には、リビング学習によって成績が伸びるとも言われています。
「個室に一人でいるよりも、家族と一緒の方が気が散らない」「家族が側にいると分からない場所を質問しやすい」などさまざまな要因が考えられます。

子どもの個性によって適切な学習スタイルは異なると思いますが、対面キッチンの間取りなら一度リビング学習を試してみてはいかがでしょうか?
「父親・母親が家事をしている時間は、子ども達は勉強する」と約束すると、子どもたちも集中して頑張ってくれます。

まとめ

間取りを工夫することで、家族のライフスタイルも変わります。
子育てしやすい家をつくるなら、注文住宅でぴったりの家をつくりましょう。
注文住宅で家を建てたい方は、ぜひ千葉中央店までお越しください。

資料請求
来場予約