キッズ
コーナー有
ブログ
更新中

注文住宅1課・2課

写真
写真

マウスオーバーで画像が大きくなります

注文住宅1課

注文住宅2課

【営業時間】9:00~18:00
(定休日:水曜日)

住所 東京都練馬区石神井町2-26-11
TEL 03-5393-3058 注文住宅1課
03-5393-3286 注文住宅2課
最寄り駅 西武池袋線 石神井公園北口
徒歩4分
営業時間 9:00~18:00 定休日:水曜日

コメント

注文住宅1課・2課は、経験豊富なスタッフが多数在籍しております。当社人気商品「リーブルセレクト」の建売物件を見学案内いたします。間取りや仕様を見ていただいて、理想の注文住宅をイメージください。
まずは、相談のご連絡いただけましたら幸いです。
スタッフ一同お待ちしております。

一建設 Staff Blog~家づくりと地域情報をつづります~

東京都のおすすめ夏祭りをご紹介

2018.07.17

私が書きました

メンバー
名前
竹内美里
趣味
ゴルフ・アニメ鑑賞
メッセージ
私は以前不動産会社に勤めており一建設を知り、なぜこの価格で高品質な家が建つのか興味を持ち入社いたしました。その秘密、教えます!お客様を笑顔に、楽しいお住まい作りを心がけております。是非、お気軽にご連絡下さい☆

全国各地から人が集まる東京では、夏祭りもバラエティーが豊かです。
徳島の名物「阿波踊り」と高知発祥の「よさこい」を両方楽しめるぜいたくなお祭りが、中目黒で開催されます。

29f39dcbbbe662f786c5b37b4cc6b623_s
※画像はイメージです

第53回 中目黒夏まつり

2日間にわたって行われる中目黒夏祭り。
1日目の阿波踊りには目黒銀座連、目黒区役所さんま連をはじめとした約1,000名が、2日目のよさこいにはなかめぐろMGよさこいくらぶ他、有名チームから地元小学校のチームまで約1,200名近くが参加します。
東京の夏祭りの中でも人気が高く、例年の人出は約2万6000人。
混雑が予想されますが、この熱気を味わうのもお祭りの楽しみの一つです。

開催日時:
平成30年8月4日(土)~5日(日)
17:30~20:30
※15:30より開始前イベントとして有志の連・チームが中目黒GT交通広場前にて演舞

会場:
目黒銀座商店街・中目黒駅西銀座商店街・中目黒GT

アクセス:
東京急行電鉄・東京メトロ「中目黒」駅からすぐ

このほかにも、東京各地でさまざまなお祭りが開催されます。
夏祭りやイベントでお近くにお越しの際は、ぜひ注文住宅1課・2課までお立ち寄りください。

住宅ローンは金利以外のサービスも要チェック!

2018.06.29

私が書きました

メンバー
名前
大井優杜
趣味
写真撮影・映画鑑賞
メッセージ
高校~大学と建築の勉強をし二級建築士を取得しました。その知識を生かしより良い住宅をお客様と一緒に建てられるお手伝いをさせて頂ければと思います。キッズスペースもありますのでお子様と一緒にお気軽にお越しください。

住宅ローンを選ぶ際は、金利以外のサービスにも注目しましょう。
各金融機関で個性のあるサービスが展開されています。
ac76d8f70cc3404b711e90346e04c406_s
※画像はイメージです

イオン銀行:イオングループで5%オフ

イオン銀行の住宅ローンを利用すると、イオングループでのお買い物が5%オフとなる特典がついてきます。
イオン・マックスバリュ・まいばすけっとなど、全国のイオン系列店で毎日お買い物をする人なら、ぜひ注目したいサービスです。

新生銀行:Tポイントプレゼント

新生銀行の住宅ローンでは、最長10年間、条件を満たした返済月翌月にTポイント1000ポイントプレゼントされます。
共通ポイントの先駆けであるTポイントは、全国のさまざまな店舗で現金のように使えるので、大変お得ですね。

スルガ銀行:ANAマイルプレゼント

スルガ銀行の住宅ローンなら、契約から10年の間、年末の借入残高に応じて翌年1月にANAマイルが付与されます。
出張で頻繁に飛行機を利用する方なら効率良くマイルがたまるので、チェックしておきましょう。

じぶん銀行:毎月500円キャッシュバック

auユーザーがじぶん銀行の住宅ローンを利用した場合、最長5年の間、毎月500円分がau WALLETプリペイドカードへキャッシュバックされます。
auグループは光回線や電気など提携サービスが多いので、サービスを統一するとかなりお得になりますよ。

まとめ

戦国時代に突入したと言われる住宅ローン業界、お得に利用して家を建てるなら今がチャンスです。
注文住宅を作りたくなったら、ぜひ注文住宅1課・2課までお越しください。

家を買う際の贈与を一定額非課税にする方法とは

2018.06.25

私が書きました

メンバー
名前
山本博史
趣味
ドライブ・映画鑑賞
メッセージ
お客様と一緒に、より良い住みやすいマイホーム作りのお手伝いをさせていただければと思っております。お客様に合った、より良いアイディアをご提案できるよう心掛けております。些細な事でもお気軽にご相談ください。

住宅購入時には、まとまった額のお金が必要となります。多くの方が住宅ローンを利用しますが、借入額が少しでも抑えられれば支払金利の額が大きく変わってくるため、手もとに現金が多いに越したことはありません。そこでおススメの方法が、親や祖父母など親族からの贈与です。
fa6c3ac3efa278ec646810fb19788f50_s
※画像はイメージです

住宅取得資金の贈与の非課税

住宅の取得資金を親や祖父母から贈与された場合、「直系尊属から住宅取得等資金の贈与を受けた場合の非課税の特例(非課税の特例)」が利用できます。ただし非課税の特例を利用するには、翌年の確定申告の期限内に贈与税の申告手続きが必要です。

お金やそれに換算できるものを人からもらった場合、その金額が年間110万円を超えると「贈与税」が発生します。贈与税は最高税率55%にも上る税金なので、大金を贈与される場合は注意が必要です。

ところが平成30年6月現在、非課税の特例を使えば通常の住宅で700万円、省エネ等住宅の条件に当てはまれば1000万円の控除枠が利用できます。贈与税の基礎控除額110万円と合わせれば、通常の住宅でも810万円まで非課税で贈与できるということです。

20歳以上の人が親や祖父母から800万円の贈与を受けると、通常は100万円を超える税金がかかります。相続税の税率も上がっているので、その対応策として住宅取得資金の贈与を検討してみましょう。

まとめ

住宅取得資金の贈与の非課税を使うには、贈与税の申告が必要です。ただし1日でも申告期日を過ぎると、非課税枠が適用されません。贈与税が無料でも申告が必要です。非課税の特例について、より詳しくは注文住宅1課・2課までお気軽にご相談ください。