キッズ
コーナー有
ブログ
更新中

注文住宅1課・2課

写真
写真

マウスオーバーで画像が大きくなります

注文住宅1課

注文住宅2課

【営業時間】9:00~18:00
(定休日:水曜日)

住所 東京都練馬区石神井町2-26-11
TEL 03-5393-3058 注文住宅1課
03-5393-3286 注文住宅2課
最寄り駅 西武池袋線 石神井公園北口
徒歩4分
営業時間 9:00~18:00 定休日:水曜日

コメント

注文住宅1課・2課は、経験豊富なスタッフが多数在籍しております。当社人気商品「リーブルセレクト」の建売物件を見学案内いたします。間取りや仕様を見ていただいて、理想の注文住宅をイメージください。
まずは、相談のご連絡いただけましたら幸いです。
スタッフ一同お待ちしております。

一建設 Staff Blog~家づくりと地域情報をつづります~

家を建てるなら高気密&高断熱がおすすめの理由

2019.02.28

私が書きました

メンバー
名前
新井和美
趣味
絵画・音楽鑑賞
メッセージ
職人~不動産業を経て、入社前にユーザーとして弊社注文住宅の建築でマイホームを建てました。建物の造りから建築に至るまでの流れ、住み心地までトータルでご相談頂けるサポートを心がけております。

新築で家を建てるなら、ぜひ気密性と断熱性にこだわってみましょう。
高気密&高断熱な家のなにが良いのか、解説したいと思います。

6124062a50dbf1b42d59c4a223f1c2eb_s
※画像はイメージです

夏は涼しく冬は暖かい、高気密&高断熱の家

高気密&高断熱の家は、外の暑さ・寒さの影響を受けにくいという特徴があります。
加えて、家の中の空気も外に漏れにくいので、冷房・暖房の効率も良いのです。
従来よりも少ないエネルギーで夏は涼しく冬は暖かく快適に過ごせるのが、高気密&高断熱の家です。

気候の変化に合わせた家づくり

従来の日本家屋は風通しを良くすることで、湿気の多い気候に適した家づくりを行っていました。
しかし、昨今は猛暑の夏が続き、熱中症を防ぐためにしっかりと冷房を活用することが推奨されています。
冷暖房を使う前提であれば、エネルギー効率が良く光熱費が安く済む高気密&高断熱の家の方が、現代の日本の気候に適しているといえるかもしれません。

高気密&高断熱の家のデメリット

高気密&高断熱の家にも弱点はあります。
それはずばり、湿気です。
湿気の逃げ場がない高気密&高断熱の家は、結露やカビの発生のリスクが高まります。
室内の湿度をコントロールするために、24時間換気システムを設置するなどの対応が必要です。

まとめ

現在のお住まいで、夏に冷房が効きにくい、冬に底冷えがするなどのお悩みはありませんか?
日本の気候の変化に合わせて、新しい家づくりをする時かもしれません。
家づくりに興味がありましたら、ぜひ注文住宅1課・2課までご連絡ください。

家族皆が満足する注文住宅づくりの秘訣!家族の意見が対立したときの解決法

2019.02.12

私が書きました

メンバー
名前
大井優杜
趣味
写真撮影・映画鑑賞
メッセージ
高校~大学と建築の勉強をし二級建築士を取得しました。その知識を生かしより良い住宅をお客様と一緒に建てられるお手伝いをさせて頂ければと思います。キッズスペースもありますのでお子様と一緒にお気軽にお越しください。

家族の意見が対立したとき、どちらか一方の意見で押し切ると、しこりが残ってしまいます。

新居で仲良く生活していくために、家族の意見が食い違った場合の解決方法を知っておきましょう。

b41223c9aed72abdf7fa4fe7bdbe4dc1_s
※画像はイメージです

お互いの意見を紙に書き出して優先順位を決める

注文住宅の家づくりで意見が対立したときは、お互いのことを批判してはいけません。
感情的な批判合戦になると、決まるものも決まらなくなってしまうからです。

意見が対立したら、各人の要望を紙に書き出しましょう。
その上で、「絶対に譲れないもの」「あれば良いもの」「なくても困らないもの」といった基準で優先順位をつけていきます。

それぞれの「絶対実現したいプラン」を採用すれば、大きな不満は残りません。

専門家に聞いて落としどころを見つける

予算の関係上ひとつの意見しか採用できない、何度話し合っても妥協点が見つからない場合は、住宅の専門家であるハウスメーカーの担当者に相談しましょう。

お互いにヒートアップしていたとしても、第三者を挟めば冷静に話し合えるものです。また、プロならではの意見で思わぬ解決策が見つかることもあります。

まとめ

弊社は、ひとりひとりの理想を叶える家づくりの専門家です。家づくりについて詳しく知りたい方は、注文住宅1課・2課までぜひお越しください。

建築時に取り入れたい注文住宅の便利な設備

2019.02.04

私が書きました

メンバー
名前
新井和美
趣味
絵画・音楽鑑賞
メッセージ
職人~不動産業を経て、入社前にユーザーとして弊社注文住宅の建築でマイホームを建てました。建物の造りから建築に至るまでの流れ、住み心地までトータルでご相談頂けるサポートを心がけております。

注文住宅のプランニングでは、間取りだけでなく設備選びもポイントです。
建築当初からぜひ採り入れたい、おすすめの住宅設備をご紹介しましょう。

a00fcd33bf9d7a34a20ae17a24a03532_s
※画像はイメージです

システムキッチンとビルトイン食器洗浄乾燥機

作業スペースが広くて調理がしやすく、収納もたっぷりのシステムキッチンは、多くの人が取り入れる人気設備です。
中でも、ビルトイン食器洗浄乾燥機の人気が上昇中です。
建築時にシステムキッチンに組み込めるビルトイン食洗機なら、調理スペースを狭めることがありません。
見た目もすっきりしているので、開放的な対面カウンターキッチンにもぴったりです。

ユニットバスに浴室換気乾燥機

従来のお風呂よりも掃除がしやすく、温かさも逃げにくいと評判の高いユニットバス。
さらに浴室換気乾燥機を設置すると、雨の日や夜間にも洗濯物を乾かすことができるので大変便利です。
洗濯物を外干しせずにすむので、花粉症でお困りの方にもおすすめしています。
浴室換気乾燥機には暖房機能がついているものが多く、ヒートショックの予防にも役に立ちます。

お掃除もしやすい! 最新式のトイレ

世界の最先端を行く日本のトイレ技術ですが、最新のシリーズはお掃除がしやすく、節水能力もきわめて高くなっています。
最新式のトイレは、汚れが付きにくいよう研究されつくしたフォルムに加え、価格帯によっては自動で除菌水を散布したり表面をナノテクコーティングしたりなど、さまざまな機能を備えています。

まとめ

住宅設備は日々進化しており、気持ちよく暮らしやすい家づくりが可能になっています。注文住宅に興味をお持ちでしたら、ぜひ注文住宅1課・2課までお問合せください。

資料請求
来場予約