キッズ
コーナー有
ブログ
更新中

注文住宅1課・2課

写真
写真
写真
写真
写真

マウスオーバーで画像が大きくなります

注文住宅1課

注文住宅2課

【営業時間】9:00~18:00
(定休日:水曜日)

住所 〒177-0041 東京都練馬区石神井町2-26-11
TEL 03-5393-3058 注文住宅1課
03-5393-3286 注文住宅2課
最寄り駅 西武池袋線「石神井公園駅」
北口徒歩4分
営業時間 9:00~18:00 定休日:水曜日

コメント

注文住宅1課・2課は、経験豊富なスタッフが多数在籍しております。当社人気商品「リーブルセレクト」の建売物件を見学案内いたします。間取りや仕様を見ていただいて、理想の注文住宅をイメージください。
まずは、相談のご連絡いただけましたら幸いです。
スタッフ一同お待ちしております。

一建設 Staff Blog~家づくりと地域情報をつづります~

屋根裏部屋で天体観測を楽しもう

2021.10.29

私が書きました

メンバー
名前
斉藤秀明
趣味
スポーツ観戦(サッカー、野球、自動車レース他)
メッセージ
お客様にとって住宅はただの商品ではなく、ご家族の人生を育む大切な場所。それを常に意識し、自分の家を建てるつもりで本気のご提案を心掛けております。四半世紀にわたる住宅・不動産業界にて培った経験を生かし、様々な角度からお手伝いさせていただきます。

子どものころ、星空を眺めながら眠りにつきたい…と思ったことはありませんか?
だけど、外だと寒いし、広い庭がなければ星空の見える場所は限られます。

そんな方に、屋根裏部屋(ロフト)を天体観測所にしてみませんか?

4961324_s
※画像はイメージです

ロフトに天窓を付けて天体観測!

デッドスペースになりやすい屋根裏部屋を、ロフトのように活用する方も多くなっています。
そんな屋根裏部屋に天窓を設ければ、室内にいながら天体観測が楽しめるでしょう。

周囲に高い建物がなければ、広い庭がなくても満点の星空を見上げられます。
冬でも暖かい室内で天体観測ができますし、窓の位置を工夫することでさまざまな方角の星を見ることも可能です。

郊外の土地なら見える星数も多くなる

都心の住宅街だと、街の明かりで見える星数が限られることがあります。
多くの星を観測するなら、空気のきれいな郊外の土地に家を建てるのも一手。街中では見えない星もたくさん見え、ロマンチックな夜を彩るでしょう。

ただし、あまり郊外の土地だと通勤通学や買い物など生活への影響が出ることもありますから、土地探しは慎重に進めましょう。

まとめ

ロフトや屋根裏部屋を設ける際は、建築基準法など法律面も考慮する必要があります。
家づくりのプロフェッショナルである当社であれば、さまざまな条件をクリアにする住まいをご提案いたします。

ぜひ、注文住宅1課・2課までご相談ください。

子どもの感性を育む住まい

2021.10.18

私が書きました

メンバー
名前
山本博史
趣味
ドライブ・映画鑑賞
メッセージ
お客様と一緒に、より良い住みやすいマイホーム作りのお手伝いをさせていただければと思っております。お客様に合った、より良いアイディアをご提案できるよう心掛けております。些細な事でもお気軽にご相談ください。

子どもにとって、家は安心できる場所でありさまざまな学びを得る場所でもあります。
過ごす時間が長いだけあって、住宅のつくり次第でお子さんの創造性や感性を刺激できます。

ここでは、子どもの感性を育む住まいのポイントをお伝えします。

22387298_s
※画像はイメージです

庭を作る

広い庭は、お子さんが駆け回るスペースとして最適です。
夏は水遊び、冬になると天体観測など、季節ごとのイベント空間としても使えるほか、家庭菜園を利用した食育の場にもなってくれます。

自宅に庭がない場合、外遊びをするためには公園などへのお出かけが必須です。
自宅の庭ならいつでも家の中に呼び戻せますし、道路に出る必要もないため交通事故のリスクも回避できます。

回遊型の動線を取り入れる

子どもにとって走り回れる空間は面白いもの。自宅内で止まらずに走り回れる回遊型の動線を取り入れてみてはいかがでしょうか。

同時に、廊下の隅などを使って隠れられる場所を作ったり、部屋を経由することでショートカットできるようにしたりすれば、遊びの幅も広がります。

まとめ

自宅でお子さんが伸び伸びと遊べる空間を作る際に役立つのが、庭や回遊型の動線です。

子どもの感性を育む家づくりの工夫について詳しく知りたい方は、注文住宅1課・2課までぜひお越しください。

後悔しない建売住宅の購入ポイント

2021.09.30

私が書きました

メンバー
名前
新井和美
趣味
絵画・音楽鑑賞
メッセージ
職人~不動産業を経て、入社前にユーザーとして弊社注文住宅の建築でマイホームを建てました。建物の造りから建築に至るまでの流れ、住み心地までトータルでご相談頂けるサポートを心がけております。

注文住宅なら家族の嗜好やライフスタイルなどに合わせて家づくりができますが、建売住宅だとそうはいきません。

購入後に「こんなはずではなかった…」と後悔しないために、建売住宅でチェックしたいポイントをお伝えしましょう。

851317_s
※画像はイメージです

建売住宅の間取りをチェック

建売住宅は、間取りをはじめあらゆる仕様が規格化されています。実際に暮らし始めてから、手狭に感じたりライフスタイルとの違いから動線が悪く感じたりすることも、よくある話です。

基本的に建売住宅は間取りの変更ができませんので、内覧の際に将来を見据えてしっかりチェックすることが大切です。

収納スペースをチェック

注文住宅なら収納するモノの量にあわせて収納計画を立てられますが、建売住宅だと平均的な収納量からスペースを確保するケースが多いです。

とりわけキッチンは、調理器具や食材のストックなどもあわせて、適した広さの収納スペースがあるかチェックしたいポイントです。

日当たりや風通しをチェック

建売住宅で意外と多いのが、日当たりや風通しの悪い物件があること。とくに、まとまった土地を分筆して建てられた建売住宅だと、どうしても日当たりの悪い物件が出てくることがあります。

とはいえ、これも内覧の際に確認できますから、各部屋の窓を開けてチェックすると良いでしょう。

まとめ

このほかにも、立地や品質、必要な設備など建売住宅のチェックポイントはたくさんあります。

買ってから後悔しないよう、当社がしっかりアドバイスいたしますので、注文住宅1課・2課までぜひお越しください。