キッズ
コーナー有
ブログ
更新中

熊本注文住宅課

写真
写真
写真
写真
写真

マウスオーバーで画像が大きくなります

見て触れて実感ください!

【営業時間】9:00~18:00
(定休日:水曜日)

住所 〒860-0826 熊本県熊本市南区平田2-13-18
TEL 096-319-3620
最寄り駅 JR豊肥本線「平成駅」徒歩18分
営業時間 9:00~18:00 定休日:水曜日

コメント

当営業所は、平成けやき通り沿いの南消防署の隣にあります。
皆様のライフプランにあわせた理想の家ができるようにお手伝いさせていただきます。
キッズスペースもご用意いたしておりますので、ご気軽にご家族づれでご来場ください。

一建設 Staff Blog~家づくりと地域情報をつづります~

注文住宅の見積もり時に確認すべきポイント

2020.09.24

私が書きました

メンバー
名前
明石学
趣味
サッカー、ゴルフ
メッセージ
震災を乗り越え、以前よりも活気ある街へ復興を果たすことを心より願っております。地域に根ざした会社を目指し、お住まいづくりを通して皆様のお力になれますよう尽力して参ります。ご来場お待ち致しております。

注文住宅は建売住宅と違い、同じ仕様でもハウスメーカーによって価格が変わってきます。
だからこそ、契約を結ぶ前に見積もりを取り、ハウスメーカーを比較することが重要です。
怪しい不動産会社を避けるためにも、ここでは注文住宅の見積もり時に確認すべきポイントをお伝えします。

2334392_s
※画像はイメージです

内訳の細かさ

仕入れする予定の建材や内装材のメーカー・分量・価格に人件費など、支払う予定のお金が具体的にどう使われるのかがわかるようになっている会社の見積もりは、数字がごまかされている可能性が低いです。

また、住宅建設では、建物の工事費とは別に各種事務手数料等を含んだ「諸経費」がかかります。
注文住宅の場合、諸経費の相場は土地・建物合わせて全体の10%程度なので、金額が高すぎる場合は内訳を聞きましょう。

「見積もりに入っていない費用」の有無

不動産会社によっては、安く見積もって契約を取るために、いくつかの費用を見積もりから外している場合があります。
見積もりを取るときは、「この書類に書いていない費用が発生あるか」を質問することも重要です。

まとめ

注文住宅の工事を頼むときは、契約を結ぶ前に見積もりの細かさや明瞭さを確認しましょう。
さらに詳しい見積もりの見方について詳しく知りたい方は、熊本注文住宅課までぜひお越しください。

新築一戸建てを買うなら知っておきたい「建売住宅」と「注文住宅」の違い

2020.08.28

私が書きました

メンバー
名前
明石学
趣味
サッカー、ゴルフ
メッセージ
震災を乗り越え、以前よりも活気ある街へ復興を果たすことを心より願っております。地域に根ざした会社を目指し、お住まいづくりを通して皆様のお力になれますよう尽力して参ります。ご来場お待ち致しております。

新築一戸建てには「建売住宅」と「注文住宅」があります。
それぞれのメリット・デメリットを知って、自分に合う方法で家を購入しましょう。

1563677_s
※画像はイメージです

「建売住宅」と「注文住宅」の違い

「建売住宅」は、すでに完成した新築一戸建てを土地と一緒に販売しています。
「注文住宅」の場合、土地の購入時にはまだ家はなくハウスメーカーや工務店に依頼して家を建てます。
この他、特定の会社で家を建てることを条件に土地を購入する「建築条件付き土地(売建住宅)」というケースもあります。
土地を購入してから家を建てる点は注文住宅と変わりませんが、建設会社やプランに制約があるため自由なプランニングができないことがあります。

建売住宅のメリット・デメリット

建売住宅は購入時にはすでに完成しています。
そのため間取りや内装を自分で選ぶことはできません。
しかし、完成した状態を確認して購入できる安心感があります。

注文住宅のメリット・デメリット

注文住宅は、家を建てる前に間取りやデザインを自由にプランニングできます。
自分の好みやライフスタイルにぴったりの、オーダーメイドの家を建てられることが魅力です。
そのため、土地探しから購入~プランニング~建築工事と、時間と手間がかかるのがデメリットと言えます。

まとめ

マイホームは一生に一度の大きな買い物です。
せっかくですから、注文住宅でじっくりと時間をかけて世界に一つだけのわが家をつくりませんか?
注文住宅に興味がありましたら、ぜひ熊本注文住宅課までお問い合わせください。

地震保険とは?火災保険との違いや重要性を解説

2020.08.24

私が書きました

メンバー
名前
明石学
趣味
サッカー、ゴルフ
メッセージ
震災を乗り越え、以前よりも活気ある街へ復興を果たすことを心より願っております。地域に根ざした会社を目指し、お住まいづくりを通して皆様のお力になれますよう尽力して参ります。ご来場お待ち致しております。

住まいを災害や事故から守ってくれるのが、「火災保険」と「地震保険」です。
ただ、両者の違いを知らないという人も多いでしょう。
そこで今回は、地震保険とはどういう保険なのか、火災保険と何が違うのかをお伝えします。

3363732_s
※画像はイメージです

地震保険とは

地震保険とは、地震による倒壊等の被害が出たときに保険金が下りる住宅保険です。
地震以外にも、火山の噴火や津波といった大規模な災害について補償をしてもらえます。
一般的な火災保険では、地震被害を補償してもらえないので、地震大国日本で家を持つならぜひ加入しておきたい保険といって良いでしょう。

地震保険と火災保険の違い

地震保険と火災保険の違いは、加入義務の有無と補償範囲の2点です。
火災保険は、住宅ローンの審査項目として加入が義務付けられているため、ローンを組む場合は必ず加入する必要があります。
しかし、地震保険に入るかどうかは自分次第。
また、大規模な地震や噴火等の被害は、民間企業でカバーできる被害額を越えているため、地震・噴火・津波等の補償を受けられるのは地震保険だけです。

まとめ

地震大国である日本では、「地震保険に入らないリスク」が高すぎます。
地震保険と火災保険はセットで加入する必要があるため、地震保険について詳しく知りたい方は、熊本注文住宅課までぜひお越しください。