スタッフブログ 熊本注文住宅課

STAFF BLOG

新築一戸建を長持ちさせるプランニングのポイント

2021.08.31

私が書きました

メンバー
名前
明石学
趣味
サッカー、ゴルフ
メッセージ
震災を乗り越え、以前よりも活気ある街へ復興を果たすことを心より願っております。地域に根ざした会社を目指し、お住まいづくりを通して皆様のお力になれますよう尽力して参ります。ご来場お待ち致しております。

環境保護の観点から、同じ家を大切に長く暮らすことを政府が推奨しています。
家を長持ちさせると、子どもや孫に資産として渡すこともできます。
家が古くなっても快適に住み続けるために、プランニングの段階で長持ちする家づくりを意識してみませんか?

blueprints-1837238_640
※画像はイメージです

風通しの良い家

湿気のこもった家は結露やカビが発生し、木材を腐らせシロアリを繁殖させる原因にもなります。
家を長持ちさせるために、風通しが良く湿気のこもりにくい家づくりを工夫しましょう。
間取りや窓の位置で自然換気も可能ですが、換気扇や24時間換気システムを利用した機械換気も上手に利用します。

メンテナンスしやすい家

家を長持ちさせるには、計画的なメンテナンスが不可欠です。
塗装のいらない外壁材を利用する、給排水管の点検口を設置するなど、メンテナンスのしやすさも考慮して家を建てましょう。

リフォームしやすい家

年齢を重ねても快適に暮らすために、ライフスタイルに合わせたリフォームも必要です。
例えば、足腰が弱った時は1階に居室を移したり、車いすで移動しやすい廊下幅を確保したりというリフォームが予想できます。
その他、家族構成や自宅で過ごす時間の変化も見越して、リフォームを前提した間取りを考えましょう。

まとめ

注文住宅なら、長く愛着を持って暮らせる理想の家づくりが可能です。
注文住宅に興味がありましたら、ぜひ熊本注文住宅課までお問い合わせください。