キッズ
コーナー有
ブログ
更新中

熊本注文住宅課

写真
写真
写真
写真
写真

マウスオーバーで画像が大きくなります

見て触れて実感ください!

【営業時間】9:00~18:00
(定休日:水曜日)

住所 〒860-0826 熊本県熊本市南区平田2-13-18
TEL 096-319-3620
最寄り駅 JR豊肥本線「平成駅」徒歩18分
営業時間 9:00~18:00 定休日:水曜日

コメント

当営業所は、平成けやき通り沿いの南消防署の隣にあります。
皆様のライフプランにあわせた理想の家ができるようにお手伝いさせていただきます。
キッズスペースもご用意いたしておりますので、ご気軽にご家族づれでご来場ください。

一建設 Staff Blog~家づくりと地域情報をつづります~

資料請求だけではわからないチェックポイントとは?

2020.01.27

私が書きました

メンバー
名前
明石学
趣味
サッカー、ゴルフ
メッセージ
震災を乗り越え、以前よりも活気ある街へ復興を果たすことを心より願っております。地域に根ざした会社を目指し、お住まいづくりを通して皆様のお力になれますよう尽力して参ります。ご来場お待ち致しております。

注文住宅のハウスメーカーは、会社によってそれぞれ得意なデザイン性や工法・仕様等が違います。
カタログ上はほとんど同じスペックに見えたとしても、完成品の見た目や質感が大きく異なることも少なくありません。

今回は、資料請求以外にも注目しておきたい、不動産会社選びのチェックポイントをご紹介します。

83206cd4bbddc9726792ee0e53b23f8f_s
※画像はイメージです

壁紙の色や建材の肌触り

注文住宅を買うときは、必ず気になる会社を訪問し、壁紙や建材のサンプルを見せてもらいましょう。

塗料や壁紙の色・デザインは、自分の目で見ると少し違った色に見える場合もありますし、手触りなどの質感は実際に触ってみないとわからないからです。

見積もりのチェックも重要

注文住宅は、発注内容によって価格が変わります。
「カタログに載っている家が気に入ったから」という理由でハウスメーカーを決めると、想像以上に予算が膨れあがってしまうので、契約する前に細かく予算を確認しましょう。

使っている建材や得意な間取りも不動産会社によって違います。
追加料金なしの標準仕様で、どこまで希望をかなえてくれるのかといった確認も大切です。

まとめ

注文住宅の失敗を防ぐチェックポイントについて詳しく知りたい方は、熊本注文住宅課までぜひお越しください。

夜、ぐっすり眠るためのベッドの置き方

2019.12.27

私が書きました

メンバー
名前
明石学
趣味
サッカー、ゴルフ
メッセージ
震災を乗り越え、以前よりも活気ある街へ復興を果たすことを心より願っております。地域に根ざした会社を目指し、お住まいづくりを通して皆様のお力になれますよう尽力して参ります。ご来場お待ち致しております。

ぐっすり眠れず夜中に何度も目が覚めてしまう人は、ベッドを置く位置に問題があるかもしれません。

2c06a85402ab452ddd8439ee3b14e675_s
※画像はイメージです

扉や窓から離れた位置に置く

扉や窓の近くにベッドを置くと、外部の音や光、冷たい空気などが入ってきて安眠を妨げます。
ベッドを置くときは、部屋に入ってすぐの場所や窓の側を避けましょう。

朝日が入る位置に置く

朝日を浴びて目覚めることで体内時計が整えられ、夜中には快眠を促すホルモン「メラトニン」が活発に分泌されるようになります。
ベッドを朝日の差し込む位置に置くと、朝はすっきり目覚め、夜はぐっすり眠る好循環が期待できます。
ちなみに、メラトニンは目から光が入ると分泌が抑制されてしまいます。
ベッドの中でタブレットやスマートフォンを見るのはやめましょう。

壁から少し離して置く

ベッドを壁にぴったりと付けて置くと、寝返りをうった際に手足が壁にぶつかりストレスを与えてしまいます。
ベッドの周りに50~60cmほどのスペースを確保すると、睡眠中も圧迫感を感じることなく安心して眠れます。
ベッドメイキングやお掃除もスムーズに行えるので、おすすめです。

まとめ

注文住宅なら、プランニングの段階から快適なベッドルームを作ることができます。
注文住宅に興味がありましたら、ぜひ熊本注文住宅課までお越しください。

毎日熟睡できる部屋づくり!寝室レイアウトの基本を解説

2019.12.23

私が書きました

メンバー
名前
明石学
趣味
サッカー、ゴルフ
メッセージ
震災を乗り越え、以前よりも活気ある街へ復興を果たすことを心より願っております。地域に根ざした会社を目指し、お住まいづくりを通して皆様のお力になれますよう尽力して参ります。ご来場お待ち致しております。

人間は、人生の3分の1を寝て過ごすといわれています。
ただし、せっかくの注文住宅でも、レイアウトによっては寝室で熟睡できません。
そこで今回は、自宅で毎日熟睡できる寝室を作るために知っておきたい、寝室レイアウトの基本を解説します。

ccca7c9328ca07350c8e8a8f12554ba5_s
※画像はイメージです

ウォークインクローゼット等を使って家具を減らす

掃除のしやすさや災害時の安全性を考えると、寝室の家具は少ない方が好ましいです。
大きな家具があると、ベッド周りを移動しづらくなりますし、扉を開けるスペースの確保も必要になってしまいます。

寝室にはウォークインクローゼットなどを採用し、できるだけクローゼットやカラーボックス等の家具を置かないようにしましょう。

ベッドの位置はドア・窓から離れた場所に

寝室の快適さを高めたい場合は、ベッドの位置を「ドアの直線上」や「窓の側」から離すのがおすすめです。
ベッドがドアに近いと、開け閉めをする度に空気が流れて体に当たってしまいます。

また、頭の近くに窓があると、外気で顔や頭が冷えてしまうため、安眠できません。
できるだけ空気の動きが少ない場所、外の光や空気に影響されない場所にベッドの頭側を向けるのがおすすめです。

まとめ

毎日ぐっすりと熟睡できる注文住宅を建てたい方は、熊本注文住宅課までぜひお越しください。

資料請求
来場予約