キッズ
コーナー有
ブログ
更新中

住宅展示場一宮開明店

写真
写真
写真
写真
写真

マウスオーバーで画像が大きくなります

見て触れて実感ください!

【営業時間】9:00~18:00
(定休日:水曜日)

住所 〒494-0001 愛知県一宮市開明字郷東25-1
TEL 0586-47-6747
最寄り駅 名古屋鉄道玉ノ井線(尾西線)「開明駅」徒歩8分
営業時間 9:00~18:00 定休日:水曜日

コメント

住宅展示場 一宮開明店は、愛知・岐阜・三重 東海3県を営業エリアとするモデルハウス併設店舗です。
”お客様と一緒につくる理想の住まい”をモットーに、土地探しから、建替え、資金計画まで、お一人お一人に合った家づくりをご提案させて頂いております。皆様のご来場、お問い合わせをスタッフ一同心よりお待ちしております。

一建設 Staff Blog~家づくりと地域情報をつづります~

注文住宅で家族の意見が分かれた時の解決方法

2018.05.08

私が書きました

メンバー
名前
川端康詞
趣味
ショッピング(服・スウィーツ)
メッセージ
一緒に楽しくお家作りをしましょう。お待ちしております☆

注文住宅を建てる際、家族で意見が分かれてしまうとケンカの原因になってしまいます。
家族が仲良く暮らすための家づくりですから、上手に解決したいですね。
a66fc769899cf8d9dde0e16f6bfb07e4_s
※画像はイメージです

第三者の意見を聞いてみよう

意見が分かれて話し合いが進まなくなってしまったら、第三者の意見に耳を傾けてみましょう。
お互いの希望を主張し続けていると、客観的な視点を見失い何が正解か分からなくなってしまいます。
そのような状況から最適な結論を出すためには、専門家に相談するのが一番です。
たとえば資金計画や予算でもめているならファイナンシャルプランナー、間取りで意見がぶつかったら設計士、インテリアに悩んだらインテリアコーディネーターなどに相談してみましょう。
弊社のスタッフも家づくりのプロなので、ひととおりのご相談にお答えできます。

一方的な決断はNG

お互いの意見を無視して勝手に決断するのは絶対にやめましょう。
家づくりという一大イベントで禍根を残してしまうと、一生それを引きずることになってしまいます。
専門家の意見をもとにそれぞれが納得いくよう妥協点を探りながら、意見をまとめていきましょう。

まとめ

注文住宅についてのご相談は、一宮開明店までお越しください。
幅広い質問にお答えして、ご家族にぴったりの家づくりを応援いたします

注文住宅建築にかかる費用をまとめてみました

2018.04.23

私が書きました

メンバー
名前
濱嶋邦浩
趣味
読書
メッセージ
理想の住まいをご希望のご予算で実現できるよう、お客様の立場にたってご納得いただけるまでご提案させて頂きます。

土地を決め、プランを立て、一から建物を建築していく注文住宅。完成までには、どのような費用がかかるのでしょうか? それが分かれば資金計画も立てやすいですよね。そこで、必要となる費用をまとめてみました。
5793bf0cdbf8a00e11e511e467da47b5_s
※画像はイメージです

主な項目は「土地」「建物」「諸費用」

土地を新たに購入して注文住宅を建てる人は、土地の購入費用がかかります。土地本体の価格に加え、印紙代や不動産会社に支払う仲介手数料も用意しなければなりません。

建物の建築費用は、本体工事費に加えて配管や外構(庭や駐車場の整備)などの付帯工事費がかかります。地盤の強度が足りない場合は、地震に備えて地盤補強工事の費用も支払うことに。この費用は地盤の状態によって、大きく変わってきます。このほかにも設計料が別にかかるケースもあるので、見積もり時に項目をしっかりと確認してみましょう。

このほかに印紙税や抵当権設定登記費用、融資手数料などの住宅ローン関連費用、登記手続き費用、引越し代、仮住まい費用、家具家電の購入費など、諸費用がかかってきます。土地・建物の本体価格に対して8~10%前後が目安といわれているので、必ずその部分も計画に入れておきましょう。

まとめ

ここではかなりざっくりと注文住宅の費用をまとめてみました。もちろんこれらのほかにも、細かな項目でさまざまな費用がかかってきます。当社ではわかりやすい見積書をご提供しておりますので、詳しくは一宮開明店までご相談ください。

寝室レイアウトの基本を押さえよう

2018.04.02

私が書きました

メンバー
名前
岩瀬勇
趣味
音楽鑑賞
メッセージ
ローコストでも満足していただける注文住宅のご提案をさせていただきます。お気軽にお問い合わせくださいませ。

健康で快活な日々を送るためには、質の良い睡眠が不可欠です。
ぐっすりと眠るために大切な寝室のベッドレイアウトについて、基本を押さえておきましょう。
ba8fa489b6cf9baa21112afd259bd2bb_s
※画像はイメージです

ベッドの周囲にスペースを確保

まずベッドの周囲には人が通れる60㎝ほどのスペースを確保しましょう。
ベッドの片側を壁に寄せる場合でも、掃除やベッドメイキングのために10㎝ほどの隙間を置くことが望ましいです。

開口部に向けてベッドヘッドを配置しない

窓や扉など、開口部に向けてベッドの頭側を向けないよう注意しましょう。
窓からは外部の冷気が流れ込み、安眠を妨げることになります。
扉を開けてすぐの場所に頭があると、家族の足音や視線が気になって寝付きが悪くなってしまいます。

災害時に危険な家具を置かない

地震などの災害は突然やってきます。
眠っている間に倒れてきた棚の下敷きにならないよう、ベッドの周りから危険な家具は遠ざけておきましょう。
出入り口の扉付近も同様に、逃げ道をふさぐような家具は避けるべきです。

まとめ

快適な寝室づくりは、間取りのプランニングから始まっています。
詳しく知りたい方は、ぜひ一宮開明店までお越しください。

資料請求
来場予約