キッズ
コーナー有
ブログ
更新中

一宮注文住宅課

写真
写真
写真
写真
写真

マウスオーバーで画像が大きくなります

見て触れて実感ください!

【営業時間】9:00~18:00
(定休日:水曜日)

住所 〒494-0001 愛知県一宮市開明字郷東25-1
TEL 0586-47-6747
最寄り駅 名古屋鉄道玉ノ井線(尾西線)「開明駅」徒歩8分
営業時間 9:00~18:00 定休日:水曜日

コメント

一宮注文住宅課は、愛知・岐阜・三重 東海3県を営業エリアとするモデルハウス併設店舗です。
”お客様と一緒につくる理想の住まい”をモットーに、土地探しから、建替え、資金計画まで、お一人お一人に合った家づくりをご提案させて頂いております。皆様のご来場、お問い合わせをスタッフ一同心よりお待ちしております。

一建設 Staff Blog~家づくりと地域情報をつづります~

次世代省エネルギー基準を満たす家のメリットとは

2021.10.29

私が書きました

メンバー
名前
濱嶋邦浩
趣味
読書
メッセージ
理想の住まいをご希望のご予算で実現できるよう、お客様の立場にたってご納得いただけるまでご提案させて頂きます。

省エネ住宅が一般的になるなかで、「次世代省エネルギー基準」という言葉を耳にすることが増えました。

これからの家づくりのスタンダードとなる基準ですが、では次世代省エネルギー基準に適合する家には、どんなメリットがあるのでしょうか。

281226_s
※画像はイメージです

光熱費を抑えても快適に過ごせる

次世代省エネルギー基準を満たす家は、断熱性や気密性に優れた家ですから、エアコンを使う回数が減るなど光熱費を抑える効果が期待できます。
環境だけでなく、家計にもやさしい住宅といえるでしょう。

住宅ローンの金利が優遇される

たとえば、フラット35を利用する場合、次世代省エネルギー基準を満たす家だと「フラット35 S」が使え、通常よりも低い金利で融資が受けられます(ローン実行から5~10年間は0.25%引き下げられます)。
金利が低くなれば住宅ローンの支払額を減らせますから、家計の負担を軽減できるでしょう。

資産価値を保てる

今後建てられる家に対して、次世代省エネルギー基準が義務化される動きがあります。
もし義務化された場合、基準を満たさない家は資産価値に影響が出てくる可能性もありますから、将来を見越して基準を満たす家を検討したほうが資産価値を保ちやすくなります。

まとめ

次世代省エネルギー基準を満たす家かどうかを判断するには、専門的な知識が必要です。
詳しくは、一宮注文住宅課でもご説明いたしますので、お気軽にお越しください。

賃貸としても使える一戸建てのポイント

2021.10.18

私が書きました

メンバー
名前
川端康詞
趣味
ショッピング(服・スウィーツ)
メッセージ
一緒に楽しくお家作りをしましょう。お待ちしております☆

将来マイホームから離れる可能性があり、できれば持ち家を手放したくないと考えているなら、賃貸物件として運用しやすい住宅を建てるのがおすすめです。

ただ、注文住宅は設計の自由度が高いだけに、どうしても仕様にこだわってしまいがち。
今回は、賃貸需要まで考慮に入れた家づくりのポイントをご紹介します。

2054587_s
※画像はイメージです

四角形の間取りにシンプルなデザインを採用する

形状やデザイン、間取りの奇抜な住まいは目立ちますが、借り主側が住みづらいと感じる場合もあるため、四角形のシンプルな形状とモノトーンや自然色など落ち着いた配色の住まいを建てましょう。
間取りのシンプルな住まいは、リフォームなどもしやすいです。

駐車スペースと庭を確保する

賃貸物件としては、一戸建てよりもマンションの方が人気なので、賃貸運用するならマンションにはない点をアピールできるようにしておきましょう。
具体的には、駐車スペースの余裕や広い庭を用意するのがおすすめです。

まとめ

形状・デザインがシンプルで、広い駐車スペースと庭のある住まいなら、たとえ家を離れることになっても他人に貸して維持できます。

賃貸としても使える一戸建てについて詳しく知りたい方は、一宮注文住宅課までぜひお越しください。

家を建て替えるときの流れとポイント

2021.09.30

私が書きました

メンバー
名前
春田慎一
趣味
ゴルフの練習、スポーツ・格闘技など観戦(主にテレビで)
メッセージ
お客様にとっての理想のマイホームづくりをサポートさせていただきます。どんな小さなことでも大歓迎です。是非一度来場ください!お忙しいところ誠に恐れ入りますが、よろしくお願い申し上げます。

新築の住まいでも、いずれは経年劣化による老朽化や、ライフスタイルの変化などによって使い勝手が悪くなる時期が訪れます。

築20~30年になれば、建て替えを検討したい時期です。家の建て替えを検討する際の流れやポイントをお伝えしましょう。

5115104_s
※画像はイメージです

家の建て替えの流れ

家の建て替えを決めたら、施工会社にプランニングと見積もりを依頼しましょう。新居への要望や現状の家で使い勝手の悪いところなどを担当者がヒアリングしたうえで、適した間取りや仕様、見積りを提案してくれます。その間に、工事期間中の仮住まいも探しておきましょう。

プランが確定したら、施工会社と契約します。そして、仮住まいへの引越しを済ませたら、既存の建物の解体工事が始まります。

更地になったところで、新しい家の建築がスタート。注文住宅を新築するときの流れと同じく、基礎工事、棟上げ、内装工事などが進み、完成検査を経て新居への引越しになります。

建て替えるときの注意点

建て替え期間は、短くても半年、長ければ1年以上になることもありますから、仮住まいを探しておく必要があります。

また、既存建物の解体や処分のコストもかかりますから、予算計画をしっかり立てることも大切です。

まとめ

一建設では、建て替え後の定期点検をはじめ、最長35年まで長期保証も用意しています。
建て替えのご相談は一宮注文住宅課まで、お気軽にお問い合わせください。