キッズ
コーナー有
ブログ
更新中

住宅展示場一宮開明店

写真
写真
写真
写真
写真

マウスオーバーで画像が大きくなります

見て触れて実感ください!

【営業時間】9:00~18:00
(定休日:水曜日)

住所 〒494-0001 愛知県一宮市開明字郷東25-1
TEL 0586-47-6747
最寄り駅 名古屋鉄道玉ノ井線(尾西線)「開明駅」徒歩8分
営業時間 9:00~18:00 定休日:水曜日

コメント

住宅展示場 一宮開明店は、愛知・岐阜・三重 東海3県を営業エリアとするモデルハウス併設店舗です。
”お客様と一緒につくる理想の住まい”をモットーに、土地探しから、建替え、資金計画まで、お一人お一人に合った家づくりをご提案させて頂いております。皆様のご来場、お問い合わせをスタッフ一同心よりお待ちしております。

一建設 Staff Blog~家づくりと地域情報をつづります~

注文住宅を作る際に必要な諸費用の内訳は?

2019.08.05

私が書きました

メンバー
名前
川端康詞
趣味
ショッピング(服・スウィーツ)
メッセージ
一緒に楽しくお家作りをしましょう。お待ちしております☆

家づくりの際は、土地の購入代金や建築費以外にも必要なお金があります。
これらをまとめて「諸費用」と呼びますが、いったい何にどれくらいのお金がかかるのでしょうか。

cfc7f0e4dca197f348ba0f71a74fa669_s
※画像はイメージです

諸費用の内訳は?

諸費用の内訳は大きく次のように分けられます。

・不動産業者や金融機関に支払う事務手数料
土地の売買を仲介する不動産業者や住宅ローンを手続きを行う金融機関、不動産登記を代行する司法書士など、家づくりで関わった業者へ支払う事務手数料が必要です。

・税金
土地や建物を新たに取得すると、固定資産税の評価額に応じて不動産取得税が課税されます。
その他、土地や建物など不動産の所有権登記を行う際には登録免許税が必要です。

・保険料
住宅ローンを利用する条件として、火災保険や団体信用生命保険へ加入しなければならないことが多いです。
これらの保険料は数年分をまとめて支払うため、一定の大きなお金が必要になります。

・引っ越し費用など
新居の家具や家電、引っ越し費用などは建築費と別にかかります。

諸費用はどれぐらい必要か?

一般的に建築費の5~10%ほどの諸費用が必要と言われています。
原則として諸費用を住宅ローンでまかなうことができないため、ある程度の現金を用意しておきましょう。

まとめ

家づくりに必要なお金が把握できると、マイホームの夢もより具体的になってきますね。
注文住宅での家づくりのご相談は、ぜひ一宮開明店までお越しください。

注文住宅におすすめ!インナーバルコニーって何?

2019.07.23

私が書きました

メンバー
名前
濱嶋邦浩
趣味
読書
メッセージ
理想の住まいをご希望のご予算で実現できるよう、お客様の立場にたってご納得いただけるまでご提案させて頂きます。

「土地が狭くて庭やウッドデッキを採用できない」
「バルコニーでくつろぎたいが周囲の目が気になる」

といった場合におすすめなのが、インナーバルコニーです。
今回は、注文住宅におすすめしたいインナーバルコニーの魅力をお伝えします。

c5b72a818b64afb3335323fbfb96588a_s
※画像はイメージです

インナーバルコニーとは?

インナーバルコニーとは、バルコニー全体が建物の内部に入っている仕様のことです。
一般的なバルコニーは、室内から飛び出す屋根のない空間を作るのが一般的ですが、インナーバルコニーは屋根付きなので雨や夏場の強い日差しが入ってくることもありません。

また、敷地の外壁に合わせてバルコニーを設置できるため、広さに余裕のない土地に新居を建てる場合もおすすめです。

注文住宅にインナーバルコニーを設置するメリット

注文住宅でインナーバルコニーを選ぶメリットは、

・屋根があるので天候を選ばず洗濯物を干せる
・リビングから外を見たときの開放感が高まる
・通常のバルコニーよりも広いため食事や読書・ガーデニングなどを楽しめる

など。

屋根や腰高の壁があるため外からの視線も気になりません。
限られた空間で開放感を演出したい場合は、インナーバルコニーを導入してみましょう。

まとめ

注文住宅のインナーバルコニーについて詳しく知りたい方は、一宮開明店までぜひお越しください。

消費税増税にそなえた「すまい給付金」の知識

2019.06.28

私が書きました

メンバー
名前
岩瀬勇
趣味
音楽鑑賞
メッセージ
ローコストでも満足していただける注文住宅のご提案をさせていただきます。お気軽にお問い合わせくださいませ。

今年10月の消費税増税と関係の深い「すまい給付金」についておさらいしておきましょう。

c46105923094393da1f5d926cb4c399b_s
※画像はイメージです

消費税とすまい給付金の関係とは?

いよいよ今年の10月に迫っている消費税10%への増税。
住宅などの高額商品は消費税の負担も大きいため、政府や建設業界は消費が冷え込むことを懸念しています。
消費税の負担を少しでも軽減し、マイホームが購入しやすいよう対策されたのが「すまい給付金」の制度です。
消費税率8%の時は最大30万円、10%の時は最大50万円が給付されます。

すまい給付金を受け取るための条件は?

すまい給付金の対象となるための条件として、代表的なものは以下の通りです。

・床面積が50m2以上
・一定の品質を確保している
※具体的には、次の1~3に該当する住宅
1.住宅瑕疵担保責任保険へ加入した住宅
2.建設住宅性能表示を利用した住宅
3.住宅瑕疵担保責任保険法人により保険と同等の検査が実施された住宅
・収入(都道府県民税の所得割額)が一定以下である

すまい給付金を受け取るには、これらの条件をクリアし確認書類と申請書を提出しなければいけません。

まとめ

すまい給付金は現在のところ平成33年12月までの実施される予定です。
マイホーム購入の予定がある方は、実施期間にご注意ください。
すまい給付金を利用して注文住宅で家を作りたい方は、ぜひ一宮開明店までお越しください。

資料請求
来場予約