キッズ
コーナー有
ブログ
更新中

一宮注文住宅課

写真
写真
写真
写真
写真

マウスオーバーで画像が大きくなります

見て触れて実感ください!

【営業時間】9:00~18:00
(定休日:水曜日)

住所 〒494-0001 愛知県一宮市開明字郷東25-1
TEL 0586-47-6747
最寄り駅 名古屋鉄道玉ノ井線(尾西線)「開明駅」徒歩8分
営業時間 9:00~18:00 定休日:水曜日

コメント

一宮注文住宅課は、愛知・岐阜・三重 東海3県を営業エリアとするモデルハウス併設店舗です。
”お客様と一緒につくる理想の住まい”をモットーに、土地探しから、建替え、資金計画まで、お一人お一人に合った家づくりをご提案させて頂いております。皆様のご来場、お問い合わせをスタッフ一同心よりお待ちしております。

一建設 Staff Blog~家づくりと地域情報をつづります~

ウォークインクローゼットの良さを生かす間取りとは

2021.08.31

私が書きました

メンバー
名前
川端康詞
趣味
ショッピング(服・スウィーツ)
メッセージ
一緒に楽しくお家作りをしましょう。お待ちしております☆

大容量のウォークインクローゼットは、注文住宅でも人気の間取りです。
ウォークインクローゼットのメリットと、上手な使い方について解説します。

chuttersnap-ZSFqxRIV5Nc-unsplash
※画像はイメージです

ウォークインクローゼットのメリット

ウォークインクローゼットは、人が出入りできる納戸タイプのクローゼットです。
広さ2~3畳の個室に、棚やハンガーパイプを設置しているものが主流です。
クローゼットの中で着替えが済ませられるよう、鏡を設置する方もいます。
大容量なので、季節ごとの衣替えの必要がないことも人気の理由です。
衣類だけでなく大型の家具・家電も収納可能で、ライフスタイルに合わせてさまざまな使い方ができるのも魅力です。

ウォークインクローゼットのおすすめプラン

最近の注文住宅では、脱衣所や洗濯室に隣接してウォークインクローゼットを配置する間取りが人気です。
家族の洗濯物をすぐに収納できるので、家事の負担が減ります。
また、玄関の近くにウォークインクローゼットを配置するのもおすすめです。
コートやジャンパー、帽子など外出着やシューズを収納するだけでなく、アウトドア用品やスポーツグッズの収納にも便利です。

まとめ

収納スペースはただ広いだけではなく、使いやすい便利な場所にあることも大切です。
注文住宅で、ご家族のライフスタイルに合わせたウォークインクローゼットをプランニングしませんか?
注文住宅の家づくりに興味がありましたら、ぜひ一宮注文住宅課までお問い合わせください。

注文住宅の防犯対策

2021.08.18

私が書きました

メンバー
名前
春田慎一
趣味
ゴルフの練習、スポーツ・格闘技など観戦(主にテレビで)
メッセージ
お客様にとっての理想のマイホームづくりをサポートさせていただきます。どんな小さなことでも大歓迎です。是非一度来場ください!お忙しいところ誠に恐れ入りますが、よろしくお願い申し上げます。

注文住宅を建てるときは、防犯対策にも気を使いましょう。最大でも2階程度までの高さしかなく、塀や生け垣で視線を遮られる一戸建ては、空き巣犯などに狙われやすいです。

今回は、注文住宅の設計段階で取り入れておきたい防犯対策をご紹介します。

5138330_s
※画像はイメージです

ダブルロックの玄関や窓を採用する

新居の玄関ドアや窓は、できるだけ二重にロックができる製品を選びましょう。鍵そのものは簡単な仕組みでも、解錠に時間がかかる状態にしておけば不審者の侵入を回避できます。

場合によっては後から鍵を足すこともできるので、断熱性の高いドアや窓を採用した上で鍵を増やすと安心です。

玄関周りの見通しを良くする

一戸建ての防犯対策としては、玄関周りの見通しを良くするのも効果的。玄関から離れた位置にインターフォンを設置すると、不審者が玄関の前で在宅状況等をチェックしづらくなります。

また、防犯用の砂利を敷き詰めたり、敷地内にセンサーライトを設置したりするのもおすすめです。

まとめ

一戸建てを建てるなら、ダブルロックを利用したり、玄関周りの見通しを良くしたりして、犯罪被害から家族や家財を守りましょう。
住宅の防犯について詳しく知りたい方は、一宮注文住宅課までぜひお越しください。

家の寿命を伸ばし長く快適に暮らすためのポイント

2021.07.31

私が書きました

メンバー
名前
濱嶋邦浩
趣味
読書
メッセージ
理想の住まいをご希望のご予算で実現できるよう、お客様の立場にたってご納得いただけるまでご提案させて頂きます。

新築一戸建てのマイホームも、年月とともにダメージを受けたり劣化したりします。
いつまでも快適に暮らすために、家の寿命を伸ばすポイントを押さえておきましょう。

4913476_s
※画像はイメージです

適切な換気を行う

シックハウス症候群や感染症の予防のために、適切な換気が推奨されています。
部屋の空気を入れ替えることは、建物の健康を保つためにも重要なポイントです。
部屋内に湿気がこもると、建物の腐食やシロアリの繁殖、カビの発生の原因となります。
換気を行うことで、部屋内の湿度をコントロールするよう意識しましょう。

計画的にメンテナンスする

建物は、雨や風、紫外線などのダメージで日々劣化します。
屋根や外壁のヒビや剥がれを長い間そのままにしておくと、内部の基礎や構造部分まで水分が侵入して腐食させる恐れがあります。
適切なタイミングで計画的にメンテナンスを行い、ダメージを放置しないよう注意しましょう。

長期優良住宅の基準をクリアする

家を長持ちさせたいなら、家を建てる時点で「長期優良住宅」の基準をクリアしておくという考え方もあります。
長期優良住宅とは、「長期にわたり良好な状態で使用するための措置がその構造及び設備に講じられた優良な住宅」を指します。
国土交通省の定めた一定の基準をクリアすることで税や住宅ローン金利などの優遇が受けられる制度です。
耐震性、劣化対策、メンテナンスのしやすさ、地域の居住環境への配慮など、さまざまな条件がありますが、長く快適に暮らす家を建てる目安となります。

まとめ

注文住宅の家づくりなら、終の棲家として長く快適に暮らせるマイホームをご自身でプランニングできます。
注文住宅に興味がありましたら、ぜひ一宮注文住宅課までお問い合わせください。