キッズ
コーナー有
ブログ
更新中

一宮注文住宅課

写真
写真
写真
写真
写真

マウスオーバーで画像が大きくなります

見て触れて実感ください!

【営業時間】9:00~18:00
(定休日:水曜日)

住所 〒494-0001 愛知県一宮市開明字郷東25-1
TEL 0586-47-6747
最寄り駅 名古屋鉄道玉ノ井線(尾西線)「開明駅」徒歩8分
営業時間 9:00~18:00 定休日:水曜日

コメント

一宮注文住宅課は、愛知・岐阜・三重 東海3県を営業エリアとするモデルハウス併設店舗です。
”お客様と一緒につくる理想の住まい”をモットーに、土地探しから、建替え、資金計画まで、お一人お一人に合った家づくりをご提案させて頂いております。皆様のご来場、お問い合わせをスタッフ一同心よりお待ちしております。

一建設 Staff Blog~家づくりと地域情報をつづります~

ペットとの暮らしが子どもの成長に与える影響とは?

2021.03.31

私が書きました

メンバー
名前
春田慎一
趣味
ゴルフの練習、スポーツ・格闘技など観戦(主にテレビで)
メッセージ
お客様にとっての理想のマイホームづくりをサポートさせていただきます。どんな小さなことでも大歓迎です。是非一度来場ください!お忙しいところ誠に恐れ入りますが、よろしくお願い申し上げます。

子どもは成長とともに自分や家族以外に興味を示すようになり、犬や猫などのペットを飼いたいと言い出す子どももいます。
ペットと暮らす生活は、子育て上もさまざまなメリットがあります。

1051799_s
※画像はイメージです

子どもにとってペットは「仲間」

少子化が進む現代では兄弟の数も少なくなり、一人っ子の家庭も珍しくありません。
子どもにとってペットは兄弟・姉妹、友達のような存在で、親とは違った心の拠り所と言えるでしょう。
ペットとの関わりの中で相手の気持ちを考えること、弱い者への優しさ、愛情の表現方法、機嫌が悪い時の距離の置き方など、社会生活に必要なコミュニケーションの取り方を学べます。

命の大切さや責任感を学ぶ

ペットを飼うということは、命について責任を持つことでもあります。
ペットの健康管理や部屋の掃除、餌やりなどを子どもに任せることで、規則正しい生活やルールを守ることの大切を教えられます。
ペットが亡くなることで、子どもがショックを受けることがあるかもしれません。
しかし命とは何か、死ぬとはどういうことかを、一緒に考えるきっかけにもなるでしょう。

まとめ

ペットと暮らすなら、広い庭のある家や掃除のしやすい家がおすすめです。
注文住宅の自由なプランニングで、ペットと暮らしやすい家を建てませんか?
注文住宅の家づくりに興味がありましたら、ぜひ一宮注文住宅課までお問い合わせください。

音楽好きにおすすめしたい家づくりの工夫

2021.03.22

私が書きました

メンバー
名前
濱嶋邦浩
趣味
読書
メッセージ
理想の住まいをご希望のご予算で実現できるよう、お客様の立場にたってご納得いただけるまでご提案させて頂きます。

新居に防音室を作れば、カラオケや音楽鑑賞を好きなだけ楽しむことができます。
ただし、防音と音を楽しむ環境づくりはまた別物です。

今回は、音楽好きにおすすめしたい家づくりの工夫をお伝えします。

4461602_s
※画像はイメージです

防音性の高い部屋を用意する

音楽が好きなら、まずは防音性の高い空間を用意しましょう。
おすすめは、半地下や地下室の活用です。
構造や予算の関係上、地下に音楽用の部屋を作れない場合は、市販の防音室が収まる広さの部屋を作るという手もあります。
予算を抑えたい場合は、できるだけ壁に厚みを持たせ、市販の吸音材や遮音シートを貼り付けてDIYで防音するのもおすすめです。

音の反射を計算する

防音だけにこだわっても、良い音は楽しめません。
音は、壁や天井から跳ね返ってくる音も含めて楽しむものだからです。
より満足度の高い音楽空間を作れるよう、スピーカーの位置や好みに応じて、反射材を使ったり吸音材を貼ったりすることも考えましょう。
ただ、音響の設計は個人だと難しいので、業者と相談してプランをまとめていくことをおすすめします。

まとめ

自宅で気兼ねなく音楽を楽しむためには、防音だけでなく音の聞こえ方の調整も必要です。
音を楽しむ家づくりについて詳しく知りたい方は、一宮開注文住宅課までぜひお越しください。

一戸建てでできる防音防音対策とは

2021.02.27

私が書きました

メンバー
名前
川端康詞
趣味
ショッピング(服・スウィーツ)
メッセージ
一緒に楽しくお家作りをしましょう。お待ちしております☆

一戸建てで防音対策をするには、お金がかかると思っていませんか?
プランニングの段階なら、間取りの工夫でいくらかの防音対策が可能です。

578820_s
※画像はイメージです

間取りを工夫する

音は開口部(窓や玄関など外に通じた部分)を通して出入りします。
窓の位置や玄関の位置を変えると、それだけでも騒音対策になります。
大きな道路や鉄道に面した土地で外部の騒音が気になる場合は、騒音の元となる場所に窓を作らないよう間取りを工夫しましょう。
ホームシアターやホームジム、楽器の練習室などを作りたい場合は、窓の面積をできるだけ小さくする、半地下にするなどの方法もあります。

換気ダクトや給気口もチェック

換気ダクトや給気口も、開口部の一つです。
外部とつながっているため、音がダイレクトに侵入します。
プランニングの際は、換気扇とそれにつながるダクトの位置にも注意しましょう。
換気ダクトや給気口には、防音性能の高い商品もあります。
音が気になる場所に設置する際は、防音性能の高い商品を選ぶという手もあります。

まとめ

騒音を気にせずリラックスして過ごせる家を建てるなら、注文住宅での家づくりはいかがでしょうか?
注文住宅に興味がありましたら、ぜひ一宮注文住宅課までお問い合わせください。