キッズ
コーナー有
ブログ
更新中

住宅展示場水戸赤塚店

写真
写真
写真
写真
写真

マウスオーバーで画像が大きくなります

見て触れて実感ください!

【営業時間】9:00~18:00
(定休日:水曜日)

住所 〒311-4152 茨城県水戸市河和田1-1524-1
TEL 029-309-0668
最寄り駅 JR常磐線「赤塚駅」徒歩7分
営業時間 9:00~18:00 定休日:水曜日

コメント

住宅展示場水戸赤塚店ではお客様目線に立ったご提案で、理想の住まい造りのお手伝いをさせていただきます。お客様のイメージがわき易いような、ピッタリサイズの展示場です。
お客様のご来店をスタッフ一同心よりお待ちしております。

一建設 Staff Blog~家づくりと地域情報をつづります~

液状化現象の危険性が高いエリアの特徴

2021.01.30

私が書きました

メンバー
名前
野村正樹
趣味
スノーボード・ネットサーフィン
メッセージ
「相談しやすい住宅展示場」地域No1を志し、
スタッフ一同笑顔で営業中です(^-^)

大きな地震が起きるたびに耳にする液状化現象の被害。
日本全国で起こる危険性があり、わが家が被害を受ける可能性もゼロではありません。

1894567_s
※画像はイメージです

液状化現象とは?

液状化現象は、揺れによって地中の砂の粒子が沈下し、代わりに水分が上昇し地表に現れる状態です。
砂の粒子が荒い土地は水分量が多く、液状化が起きやすいという傾向があります。

液状化現象が起こりやすいエリアとは?

日本は水資源が豊かな国土であり、もともと全国的に液状化現象が起きやすい土地柄といえます。
中でも液状化現象が起きやすいのは、海岸を埋め立てて造られた土地や河川や水田の跡地といわれています。
昭和期以降に住宅地として開発された土地は、特に注意しましょう。

液状化現象が起こりやすいエリアを確認するには?

自治体で配布しているハザードマップには、液状化現象の危険度を示しているものもあります。
また古地図でその土地の過去の様子を確認することで、液状化現象の危険度を予測することもできます。
家を建てる前に地盤調査や地盤改良を行うことも、液状化現象への備えとなります。

まとめ

家族が安心して暮らせる家を建てるなら、注文住宅の家づくりはいかがでしょうか。
注文住宅に興味がありましたら、ぜひ水戸赤塚店までお問い合わせください。

ハウスメーカー選びの失敗を避けるポイント

2021.01.28

私が書きました

メンバー
名前
平野俊介
趣味
スポーツ観戦
メッセージ
家づくりは楽しいです!ただ、わからない事も多く不安もあります。わからない事は何でもご相談いただき、理想の家づくりのお手伝いをさせてください。

どのハウスメーカーに建築を依頼するかによって、新居の仕上がりは大きく変わってきます。
要望通りの住まいを建ててもらうためには、技術力や家づくりの方向性が自分に合っているハウスメーカーの吟味が必要不可欠です。

今回は、ハウスメーカー選びの失敗を避ける対応策をご紹介します。

386481_s
※画像はイメージです

標準仕様のグレードを調べる

ハウスメーカーの標準仕様は、業者が提供している住宅の最低品質です。
とにかく安いものを採用しているハウスメーカーなのか、それとも多少、値が張っても安心感や使い勝手の良いものを使っているハウスメーカーなのかを知った上で選べるようになれば、住宅の基礎性能について後悔するリスクを抑えられます。

営業マンの対応を見る

営業マンは、ハウスメーカーと契約者をつなぐ窓口です。
専門用語ばかりで細かい説明をしてくれない、質問したときの対応が遅い、態度が気に入らないなど、対応に不満がある営業マンは住宅設計の足かせになります。
実際に話を聞いてみて、対応に不満のない営業マンがいるハウスメーカーを選びましょう。

まとめ

ハウスメーカー選びの失敗は、標準仕様の内容を調べ、営業マンの対応を見ることである程度避けられます。
そのほか、ハウスメーカー選びのコツを詳しく知りたい方は、水戸赤塚店までぜひお越しください。

リモートワークしやすい家をつくるには?

2020.12.25

私が書きました

メンバー
名前
根本昌紀
趣味
運動して汗をかく事・味は二の次の料理
メッセージ
安心できる家作りを心がけてご提案いたします。

わが家で快適にリモートワークするには、独立性と開放感のバランスが大切です。

4015917_s
※画像はイメージです

独立性の高いワークスペースのメリット・デメリット

在宅で仕事する際の最大のハードルは、家族の会話やテレビの音、家電の作動音ややりかけの家事など雑多なことが気にかかる環境です。
仕事専用の部屋があれば、閉じこもって仕事に集中することができます。
しかし、無線LANを使用している場合、独立性の高いお部屋は電波の状態が悪くなる傾向があります。
また広さに余裕のある家でなければ、仕事用の個室を用意するのもなかなか難しいものです。

オープンなワークスペースのメリット・デメリット

最近では、リビングやダイニングに一角に開放感のあるワークスペースを取る間取りが人気です。
家族の様子をうかがいながら仕事ができるので、子育て世代に大変喜ばれています。
ただし、Web会議を行う場合は、部屋が丸見えになる、子どもの声で音声が聞き取れない、などのデメリットがあります。
オープンタイプのワークスペースは、引き戸やパーティション、ロールスクリーンなどで緩やかに仕切る方法を合わせてプランニングすると、さらに快適なスペースとなります。

まとめ

注文住宅で、自分のスタイルに合わせたワークスペースのある家を建てませんか?
注文住宅に興味がありましたら、ぜひ水戸赤塚店までお問い合わせください。