ブログ
更新中

住宅展示場ふじみ野店

写真
写真
写真
写真
写真

マウスオーバーで画像が大きくなります

見て触れて実感ください!

【営業時間】9:00~18:00
(定休日:水曜日)

住所 〒356-0058 埼玉県ふじみ野市大井中央4-10-11
TEL 049-256-5831
最寄り駅 東武東上線「ふじみ野駅」
営業時間 9:00~18:00 定休日:水曜日

コメント

ご家族お揃いで是非 「一建設 ふじみ野住宅展示場」 へお出かけください!!
夢を実現する住まいづくり、「一建設」 が応援します。

一建設 Staff Blog~家づくりと地域情報をつづります~

注文住宅を建築時の諸費用の内訳は?

2018.02.28

私が書きました

メンバー
名前
五十嵐勉
趣味
スポーツ
メッセージ
お客様のご希望にご提案をプラスして、より良い家創りをいたします。お気軽にご来場ください。

注文住宅を建てる際は、土地代・工事費用の他にもいくらか必要な費用があります。
それらをまとめて「諸費用」と呼んでいますが、どのような使い道のお金なのでしょうか。

cba1c0fc252c06195037e7eff5b4d820_s

※画像はイメージです

土地や建物の取得にかかわる税金

不動産を取得した場合には、固定資産税の評価額に応じて不動産取得税が課されます。
また、新しく取得した土地・建物の所有権登記を行う際に登録免許税が課されます。
固定資産税や都市計画税の支払いも始まりますので、金額を把握しておきましょう。

住宅ローン・登記などの事務手数料

注文住宅を建てる場合、土地の売買を仲介業者にお願いしたり、建物の登記を司法書士に依頼したり、住宅ローンを利用したりと、色々なジャンルの専門家の力を借りることになります。
それらの事務手数料や契約書の印紙代が、諸費用としてかかってきます。

火災保険・団体信用生命保険等の保険料

住宅ローンの利用には、火災保険や団体信用生命保険への加入が義務付けられていることがほとんどです。

調査・検査に必要な費用

土地を購入する場合には地番調査費が、新築で家を建てる場合は国の基準に違反していないかを検査するための費用がかかることがあります。

引っ越しや仮住まいに必要な費用

引っ越し業者の費用や新居のインテリア・家電の購入費など、場合によっては仮住まいの家賃が必要になることもあります。

まとめ

諸費用が具体的にいくらになるかは、利用するハウスメーカーや金融機関によってことなります。
注文住宅にかかる費用のご相談はぜひ、ふじみ野店までお越しください。

注文住宅で気を付けたい!防犯対策

2018.02.13

私が書きました

メンバー
名前
鈴木宏治
趣味
読書
メッセージ
広くて開放感のあるリビング。使いやすくて機能的なキッチン。温かみがありつつもお洒落で綺麗な空間・・・などなど、新しい住宅のことを考えると夢が広がり、とても新鮮で楽しい気分になります。私たち一建設では、そんな家づくりの楽しい時間や過程をダイレクトに体感して頂きながら、お客様と一緒に理想の住まいを作り上げていきたいと考えています。打ち合わせから竣工まで、そしてその後もずっとずっと、お客様の良きパートナーとして繋がっていたい。いつまでも楽しく気持ちよく過ごして頂くために・・・。

住宅の作りによって、泥棒に狙われる確率が違ってくることをご存じですか? 泥棒が「ここには入りたくない」と考えるプランにしておけば、安心して暮らせますよね。ここでは、狙われにくい家にするための注文住宅の防犯対策についてご紹介していきます。
a644a579b4099b427cf9ba4711f0f46b_s
※画像はイメージです

開口部の位置と大きさに注意!

泥棒は半数以上が事前に現地を下見するそうです。泥棒の気持ちを想像してみると、人目に付きにくい位置にある窓やバルコニーなどの開口部に狙いをつけることがわかります。

道路から離れた位置にはあまり開口部を設けず、裏手の窓は小さめにしたり格子をつけたりするなどの対策が考えられます。窓の格子はかんたんに外れる種類もあるので、防犯性に優れたものを選びましょう。

見通しがよい家は侵入作業の途中で人目に付きやすいため、隠れる場所を減らすことも大切です。2階への足場となるような物置などは設置場所に注意し、植木の手入れや整理整頓を心がけましょう。

まとめ

これ以外にも、注文住宅でぜひ取り入れていただきたい防犯対策はたくさんあります。「安心して住める家にしたい!」という方は、ふじみ野店にぜひ一度ご相談ください。

ハウスメーカーと工務店の違いとは?

2018.01.31

私が書きました

メンバー
名前
佐瀬勝洋
趣味
読書
メッセージ
理想のマイホームづくりを全力でサポートいたします。お客様のマイホームへの『想い』を是非お伝えください。一緒に理想のマイホームをつくりましょう。

注文住宅を建てるには、ハウスメーカーに依頼する場合と工務店に依頼する場合があります。
それぞれの違いとメリット・デメリットについて簡単にご紹介しましょう。

 
3d88d385a011c68dba71941b3b294dc1_s
※画像はイメージです

 

ハウスメーカーのメリット・デメリット

ハウスメーカーは全国や地域の広いエリアに複数の店舗を持ち、規格化された商品を提供しているのが特徴です。
住宅展示場や広告で目にすることが多く知名度があり、品質やアフターサービスに安心感があります。
規格化された設備や建材を大量調達して建築費を抑えることができるので、コストパフォーマンスの良い注文住宅を建てることができます。
その代わり、プランニングや設備に制約ができてしまうことがネックです。

 

工務店のメリット・デメリット

工務店は小規模・地域密着型の企業が主流です。
積極的に営業活動をしていない店もあるので、どの工務店を選べば良いか情報収集や比較検討が難しいことが多いです。
工務店での家づくりはプランニングや建材・設備選びの自由度が高く、自分の思い描く通りに仕上がることが大きな魅力です。

 

まとめ

ハウスメーカーの注文住宅も自由度はさまざまで、お客さまのお好みに合わせた家づくりは十分に可能です。
どのような家が建つのか気になったら、ぜひふじみ野店までお越しください。