キッズ
コーナー有
ブログ
更新中

住宅展示場高崎店

写真
写真
写真
写真
写真

マウスオーバーで画像が大きくなります

見て触れて実感ください!

【営業時間】9:00~18:00
(定休日:水曜日)

住所 〒370-0042 群馬県高崎市貝沢町607番4
TEL 027-370-2266
最寄り駅 JR上越線「高崎問屋町駅」徒歩3分
営業時間 9:00~18:00 定休日:水曜日

コメント

展示場高崎店は群馬県唯一のモデルハウスとして『本物の住まいづくりをお客様と共に』をモットーに、土地からの計画、建物だけでの計画、建替え計画など、お客様の住まいづくりのニーズにお答えできるよう様々なご提案をご用意しております。
皆様のご来場をスタッフ一同心よりお待ちしております。

一建設 Staff Blog~家づくりと地域情報をつづります~

注文住宅のプラン作成時に気をつけるべきこととは?

2018.05.08

私が書きました

メンバー
名前
須田邦宏
メッセージ
家づくりは一生に一度になるかもしれない大きな買い物です。夢も希望も不安も疑問もたくさんあると思います。何でもかまいません。ぜひ、マイホームに対する想いを私にぶつけて下さい。お客様一つ一つのお気持ちを反映した楽しい家づくりを一緒に行いましょう。

注文住宅のプランは、担当者と打ち合わせしながら二人三脚で作っていきます。
そのため、担当者としっかりとしたコミュニケーションを取ることが重要です。
4db0a941f3f0fa91544828db5f88e693_s
※画像はイメージです

自分の要望をはっきりと伝える

プランに対する要望は、はっきり分かりやすく伝えましょう。
言葉で説明しづらい時は、雑誌やインターネットで見つけた施工例を参考資料として用意すると伝わりやすくなります。
また「どうしたいのか」よりも「なぜそうしたいのか」を伝えることも大切です。
例えば「天井高は4メートル欲しい」よりも、「大きなハンモックを吊るしたいから天井を高くしたい」と表現したほうが、より良いアイデアが出てきます。

「できないこと」の理由を聞く

建築的な制約で対応できないプランがある場合、「なぜできないのか」を質問してみましょう。
詳しい説明を受けると「できないこと」に対して納得が行きますし、解決方法を導くヒントを思いつくかもしれません。
ここでも大切なのは、「なぜそうしたいのか」を見失わないことです。
もともと要望していたプランが実現しなくても、他のプランで願いを叶えられる可能性は十分にあります。

まとめ

プランに関するご質問・ご要望はお気軽にお尋ねください。
詳しく知りたい方は、ぜひ高崎店までお越しください。

「やすさにビックリ住宅革命」徹底解剖7DAYS

2018.04.28

私が書きました

メンバー
名前
須田邦宏
メッセージ
家づくりは一生に一度になるかもしれない大きな買い物です。夢も希望も不安も疑問もたくさんあると思います。何でもかまいません。ぜひ、マイホームに対する想いを私にぶつけて下さい。お客様一つ一つのお気持ちを反映した楽しい家づくりを一緒に行いましょう。

「はじめの注文住宅」やすさにビックリ住宅革命イベント開催中です。一建設チラシB4_表_GW_高崎_ol

一建設チラシB4_裏_GW_高崎_ol

4月28・29・30日、5月3・4・5・6日は,安さの秘密・選ばれる理由を大公開する7DAYS!!

来場予約はこちら!

 

たくさんのご来場お待ちしております。

 

注文住宅を建てる際に気をつけたい「防音対策」

2018.04.23

私が書きました

メンバー
名前
阪上
メッセージ
家づくりとは資金計画をはじめとして間取りおよび土地など、これからの暮らしを大きく左右するものばかりです。お客様のご希望をじっくりお聞きし、ご希望の予算内でその人らしい暮らし方が出来るプランのご提案を日々心がけております。まずはお気軽に皆様の家に対するお気持ちをお聞かせ下さい。

注文住宅を建てる際に気をつけたい「防音対策」

ご近所トラブルの原因として、最も多いといわれているのは「騒音」です。逆にいうと防音対策をしっかりとしておけば、無用なトラブルを避けることにもつながるということ。ここでは注文住宅を建てる際に気をつけたい防音対策についてご紹介していきましょう。
da0ea26a46c83f1e90b09e31cfa71ca0_s
※画像はイメージです

高気密高断熱は防音対策にも有効

音は厳密にいうと、空気の振動です。壁や窓ガラスといった空気よりも振動しにくいものを挟むと、音は伝わりにくくなります。そのため建物の騒音が一番漏れやすい場所は、壁やサッシなどのすき間です。

保温性に優れた断熱材が厚めに入っていると、空気よりも振動しにくいため、近年主流となってきた高気密高断熱住宅ではあまり騒音が気になりません。

さらなる防音対策は?

寝室などの静かに過ごしたい場所は、窓を小さめにしたり二重サッシを採用したりしましょう。隣家と窓の位置をずらすという方法もおススメです。日常的に楽器を弾く家庭では、床や壁、天井を二重構造にしたり吸音材、遮音ボードを施工したりするといった、本格的な防音対策が必要です。

まとめ

騒音に対する感じ方は時間帯によっても違ってきますし、家族構成によっても変わってきます。家を建てる場所の静かさは、時間帯を変えて何度かチェックしましょう。防音対策についてより詳しく知りたい方は、高崎店までご相談ください。

資料請求
来場予約