スタッフブログ 熊本注文住宅課

STAFF BLOG

子どもが整理整頓を覚える子ども部屋の作り方

2021.06.30

私が書きました

メンバー
名前
明石学
趣味
サッカー、ゴルフ
メッセージ
震災を乗り越え、以前よりも活気ある街へ復興を果たすことを心より願っております。地域に根ざした会社を目指し、お住まいづくりを通して皆様のお力になれますよう尽力して参ります。ご来場お待ち致しております。

子ども部屋ができたら、自分で整理整頓ができるようになるチャンスです。
子どもたちが自分で楽しく整理整頓できる子ども部屋の工夫についてお話ししましょう。

543137_s
※画像はイメージです

それぞれのモノの「帰る場所」を作る

整理整頓の基本は、モノの定位置を決め、使った後に元の場所へ返すことです。
子どもたちにも、モノにはそれぞれ「帰る場所」があることを教えましょう。
モノの収納場所を決めたらラベルや写真を貼っておくと、子どもにも分かりやすくなります。

子どもの手の届く場所に収納を作る

子どもが自分でお片付けできるようになるには、子ども目線の低い場所に収納が必要です。
背の低いカラーボックスやバスケットタイプの収納グッズを使って、子どもにも使いやすい収納を作りましょう。

中身を分かりやすくする

スッキリとした見た目の引き出し収納、扉付きの収納ですが、一目で何がどこにあるか分かりにくく子どもたちは苦手です。
中身が見やすいオープンタイプの収納や、前出のラベリングなどで、どこに何があるかわかりやすい収納を作りましょう。

まとめ

小さな頃から整理整頓を習慣にしておくと、学校での忘れ物やモノをなくすといったトラブルを減らせます。
大人も子どもも整理整頓しやすくストレスの少ない家を建てたいなら、注文住宅で収納の多い家を建てませんか?
注文住宅に興味がありましたら、ぜひ熊本注文住宅課までお問い合わせください。