スタッフブログ 熊本注文住宅課

STAFF BLOG

低炭素住宅を選ぶメリット

2021.06.28

私が書きました

メンバー
名前
明石学
趣味
サッカー、ゴルフ
メッセージ
震災を乗り越え、以前よりも活気ある街へ復興を果たすことを心より願っております。地域に根ざした会社を目指し、お住まいづくりを通して皆様のお力になれますよう尽力して参ります。ご来場お待ち致しております。

「家づくりでも環境に配慮したい」
「エコな住宅で長く暮らしていきたい」

といった場合におすすめなのが、低炭素住宅です。

ただ、低炭素住宅は一般的な仕様の住宅よりも高性能かつ高価格です。あらかじめ、メリットとデメリットの両方を知っておきましょう。

今回は、低炭素住宅を選ぶメリットをお伝えします。

4066937_s
※画像はイメージです

低炭素住宅とは

低炭素住宅とは、省エネ法で定められた省エネ基準よりも、さらにエネルギー消費量が低く、環境に優しい建材・設備を取り入れている住宅のことです。厳しい基準を満たした上で、都道府県や市区に申請をすることで認定を受けられます。

低炭素住宅の認定を受けるメリット

低炭素住宅は、断熱性の高い窓や建材と太陽光発電・節水設備等を備えているため、光熱費を長期的に抑えることが可能です。
また、フラット35の金利が安くなるなど、ローンや税制面の優遇も受けられます。

一方、省エネ性能の高い設備を導入する必要があるので、建築費が高くなってしまう点がデメリットです。

まとめ

低炭素住宅は、長期的に光熱費を抑えたり、金利の低いローンを利用したりしたい場合に向いています。
各種優遇のある住宅基準について詳しく知りたい方は、熊本注文住宅課までぜひお越しください。