スタッフブログ 住宅展示場水戸赤塚店

STAFF BLOG

建売住宅の「トリック」に引っかからないために

2021.05.01

私が書きました

メンバー
名前
野村正樹
趣味
スノーボード・ネットサーフィン
メッセージ
「相談しやすい住宅展示場」地域No1を志し、
スタッフ一同笑顔で営業中です(^-^)

手頃な価格で完成した家を購入できる建売住宅は、一戸建ての購入を急いでいる方にはぴったりの家の購入方法です。
しかし、慌てて決断せず、品質をしっかり見極めて購入を決めるよう注意しましょう。

2157886_s
※画像はイメージです

建売住宅のメリット・デメリット

すでに完成した一戸建ての家を購入できる建売住宅は、注文住宅のように打ち合わせの手間や時間がかからないことがメリットです。
しかし、そのために、完成時には床や壁で隠れてしまう基礎や柱・梁、断熱材などの品質を目で見て確認できません。
これらの部分は、住宅の品質や性能を左右する一番重要な部分です。
「内装のデザインがカッコいい」「高価な設備が設置されている」など、目に見える部分だけで良い家と錯覚させる「トリック」に引っかからないよう注意しましょう。

本当に品質の良い建売住宅を見極めるには?

まず、相場に比べて極端に価格の安い物件はおすすめできません。
納得できる相応の理由があるかどうか、必ず確認しましょう。
購入を検討している建売住宅の品質を確認する方法の一つに、住宅性能表示制度があります。
住宅性能表示制度は、法律に基づいて国に登録されている第三者機関が住宅の性能を評価し、「住宅性能評価書」を発行する制度です。
住宅性能評価書を取得している住宅は、一定の基準をクリアした品質を持つことが保証されます。

まとめ

一生に一度の大きな買い物と言われる「マイホームの購入」を失敗しないために、住宅選びは慎重に行いましょう。
注文住宅なら、建築中の品質管理の様子を自分の目で確かめられるメリットもあります。
注文住宅の家づくりに興味がありましたら、ぜひ水戸赤塚店までお問い合わせください。