スタッフブログ 住宅展示場水戸赤塚店

STAFF BLOG

地震から身を守る際のポイント

2021.03.22

私が書きました

メンバー
名前
野村正樹
趣味
スノーボード・ネットサーフィン
メッセージ
「相談しやすい住宅展示場」地域No1を志し、
スタッフ一同笑顔で営業中です(^-^)

普段安心して暮らせる空間でも、地震が起きると家の中でケガをするリスクが跳ね上がります。
ただし、地震発生時の心がけや行動次第で、ある程度危険から自分を遠ざけることが可能です。
今回は、地震が起きたとき、家の中で身を守るポイントをお伝えします。

4466884_s
※画像はイメージです

頑丈なテーブル等に潜り込む

地震が起きたら、まっさきに頑丈なテーブルや椅子の下に潜り込みましょう。
頭上を保護することで、割れた窓ガラスや倒れてくる家具から身を守ることができます。
できれば、潜り込んだテーブルや椅子の足を掴み、なるべく体勢を小さくして揺れが収まるのを待ちましょう。

脱出口を確保する

一度目の揺れが収まったら、すぐにして欲しいのが脱出口の確保です。
強い揺れが起きると、窓枠やドア枠がゆがんでしまい、外に出られなくなるというケースも出てきます。
しかし、あらかじめ窓やドアを開けておけば、家の中に閉じ込められてしまうことはありません。
とくに、トイレなど頑丈でも脱出の難しい場所にいる場合は、必ずドアを開けておきましょう。

まとめ

地震が起きたら、まず頭上を守って揺れが収まるのを待ち、揺れが落ち着き次第脱出口を確保しましょう。
地震に強い家や脱出ルートの整った間取りについて詳しく知りたい方は、水戸赤塚店までぜひお越しください。