スタッフブログ 住宅展示場鳳店

STAFF BLOG

注文住宅に床暖房を設置するメリット・デメリット

2020.10.20

私が書きました

メンバー
名前
中井誠
趣味
映画鑑賞
メッセージ
低価格でご提供できるのには「訳」があります!

エアコンと違って、床から部屋全体を暖められる床暖房は、注文住宅の購入者から人気の設備です。
ただ、どれだけ便利な設備でも、すべてのご家庭に合うわけではありません。
ここでは、注文住宅に床暖房を設置するメリットとデメリット、双方をご紹介します。

1705914_s
※画像はイメージです

床暖房を取り入れるメリット

新居に床暖房を取り入れる最大のメリットは、底冷えの心配がないことです。
エアコンやヒーターなど、一般的な暖房機器は「暖めた空気」を放出します。
温かい空気は上昇するため、空気を循環させないと低い場所の室温が上がりません。
しかし、床暖房なら床上を暖められますし、エアコンの風が届きづらいキッチンでも暖かく過ごせます。
体に直接風が当たらないため、高齢者やお子さん、ペットにも優しいのも強みです。

床暖房を設置するデメリット

住まいに床暖房を設置するデメリットは、なんといってもコストの高さ。
全館タイプの床暖房は初期費用も高額ですし、ガス代や電気代もかさみます。
また、住宅の気密性や断熱性に問題があると、十分な機能を発揮できません。

まとめ

床暖房は体に優しく底冷えを防げる便利な暖房です。
ただし、すべての人が満足できる設備というわけではありません。
新居に床暖房が必要かどうかを詳しく知りたい方は、鳳店までぜひお越しください。

資料請求
来場予約