スタッフブログ 住宅展示場鳳店

STAFF BLOG

認定低炭素住宅とは? どんなメリットがあるの?

2020.08.28

私が書きました

メンバー
名前
中井誠
趣味
映画鑑賞
メッセージ
低価格でご提供できるのには「訳」があります!

省エネ性能の高い家なら、税や住宅ローンの優遇措置を受けられる可能性があります。

96683_s
※画像はイメージです

「エコまち法」と「認定低炭素住宅」

「認定低炭素住宅」とは、エコまち法(正式名称:都市の低炭素化促進に関する法律)で定められた「低炭素建築物」の要件を満たした住宅を指します。

エコまち法では、生活を送る上で発生する二酸化炭素を抑制して地球環境を守ることを目的に、一定の基準を超える省エネ設備を備えた住宅を低炭素住宅として認定し優遇策を設けています。
具体的には太陽光発電パネル、断熱窓ガラス(複層ガラス)、高効率給湯器などの省エネ設備の設置が必要です。

低炭素住宅に認定されるメリット

エコまち法における低炭素住宅として認定されると、次のようなメリットがあります。
・住宅ローン減税の最大限税額の引き上げ
・登録免許税額引き下げ
・住宅ローン「フラット35」の金利引き下げ ほか
同じように税や住宅ローンの優遇を受けられる制度はほかに、「長期優良住宅」があります。
長期優良住宅として認定されるには耐震性のアップなどの条件が加えられ、さらに厳しい基準となっています。

まとめ

認定低炭素住宅の詳しい要件等は、国土交通省や住宅性能評価・表示協会などのWebサイトを確認しましょう。
実際に家を建てる際には、ハウスメーカーの担当者にもご相談ください。
注文住宅で高気密・高断熱な省エネ性能の高い家を建てませんか?
注文住宅の家づくりに興味がありましたら、ぜひ鳳店までお問い合わせください。

資料請求
来場予約