スタッフブログ 住宅展示場千葉中央店

STAFF BLOG

狭小地に家を建てる際に注意したいこと

2020.07.13

私が書きました

メンバー
名前
髙野浩
趣味
スノーボード・SUP
メッセージ
注文住宅は高いと思ってる方、是非一度ご来店ください。経験豊なスタッフが親切・丁寧に対応させていただきます。きっとあなたも『マイホーム』を手に入れられますよ!

周囲に比べて面積の狭い狭小地は、一般的な土地よりも安く購入できます。

ただし、狭くて安いことだけが狭小地の特徴ではありません。
適切な知識がないと、新居の完成後に後悔する場合もあるので注意が必要です。

今回は、狭小地に家を建てる際に注意しておきたいポイントをご紹介します。

3480289_s
※画像はイメージです

収納スペースを確保する

狭小地の家づくりでは、収納スペースの確保が必要不可欠です。
注文住宅を建てる人の多くは、間取りを優先して決めていきます。

しかし、狭小住宅のスペースは有限です。
「リビングを広くしよう」「開放感のあるキッチンが欲しい」といった要望を優先すると、荷物を収納する場所がなくなってしまうことも。
できるだけ住宅内のデッドスペースを収納として使い、収納量と生活スペースの両方を手に入れましょう。

コストが高いためプランの工夫が必要

狭小地には、スペースが足りないので一般的な間取りの家を建てられません。
そのため、狭小地の住まいは注文住宅で建てるケースが多いです。
土地が安くても建物の施工費は高くなりやすいので、予算内で新居を建てるためにもお金をかける場所とそうでない場所を調整しましょう。

まとめ

狭小地の住宅は、狭さゆえの収納不足やコストの増加に悩みやすいため、ノウハウを持ったハウスメーカー選びが必要です。
狭小地でも快適に暮らせる注文住宅を建てたい方は、千葉中央店までぜひお越しください。

資料請求
来場予約