スタッフブログ 住宅展示場千葉中央店

STAFF BLOG

注文住宅を建てる際の「諸費用」とは?

2020.05.29

私が書きました

メンバー
名前
齋藤篤史
趣味
スノーボード、旅行
メッセージ
長年培った経験を活かし、いつでも迅速な対応をする事を一番に心がけてお仕事をさせていただいております。是非一緒に夢のマイホームづくりをしましょう。最近プライベートでチャレンジした事は富士登山をしまして非常に感動致しました。

家を建てるには、土地代や建築費のほかにもお金がかかります。
これらの費用をまとめて「諸費用」と呼びます。

3241320_s
※画像はイメージです

諸費用とは? どんなお金がかかるのか

家を建てる際の諸費用は、大きく次のような内訳となります。

・事務手数料
土地を購入する際に利用した不動産業者や、住宅ローンを利用する金融機関、不動産登記を代行する司法書士などに支払います。
土地の購入代金や住宅ローンの借入額によって金額が決まります。

・税金
土地や建物を新たに取得した時に支払う不動産取得税、土地・建物の所有権登記を行う際に必要な登録免許税があります。
不動産取得税の金額は固定資産税評価額によって、登録免許税の金額は不動産の売買価格によって決まります。

・保険料
住宅ローン利用の際に、火災保険や団体信用生命保険への加入が義務付けられることが多いです。
これらの保険料は数年分をまとめて支払うため、手元にまとまった金額が必要となります。

まとめ

諸費用は、一般的に建築費の5~10%ほど必要と言われています。
資金計画のご相談を始め、注文住宅でのマイホーム購入について興味がありましたら、ぜひ千葉中央店までお問い合わせください。

資料請求
来場予約