スタッフブログ 住宅展示場鳳店

STAFF BLOG

新築一戸建に引っ越す時のお祓い・お清めについて

2019.09.13

私が書きました

メンバー
名前
山本健司
趣味
読書、映画鑑賞
メッセージ
より多くのお客様に高品質の住宅を低価格で供給するという当社の理念のもと
私たちの経験を活かして皆様の満足できる住まいを提案いたします。

引っ越しの際、新しい家でお祓いやお清めをするようアドバイスされたことはありませんか?
新築の家に入居する時は、どのようにお祓い・お清めをすればよいのでしょうか。

67cfb477dfb32cb1918d6c3b271ab055_s
※画像はイメージです

盛り塩を置いたり、神主さんなどを呼んだりすることも

ひとくちに引っ越しの際のお祓い・お清めといっても、地域の文化や宗教観によってさまざまな方法があります。
盛り塩を置くやり方は全国的に良く知られていますが、この場合も、市販の粗塩で良いという人がいたり神社で分けてもらうべきという人がいたりします。
本格的なお祓い・お清めとなると、神社やお寺に依頼し神主さん・お坊さんを呼ぶ人もいます。
迷ったら身近な親族や、引っ越し先の地域に長く住む方に相談してみると良いでしょう。

堺市の「方違神社」は引っ越しの際の厄除けで有名

ちなみに、堺市の方違神社は、「方除け」で有名な神社です。
「方除け」とは、新築・引っ越し・旅行などの際に縁起の良くない方角へ移動してしまう際の厄除けを指します。
「縁起の良くない方角」はその日その日で変わってしまうとされているので、完全に避けることが困難です。
方違神社には「引っ越しや旅立ちの際は、念のため方除けを行っておこう」という人が古くから多く訪れました。

まとめ

入居の際のお祓い・お清めは、地域の伝統文化に触れるきっかけにもなります。
新しく住むまちのお祓い・お清めの方法や、有名な神社・お寺などを調べてみるのも良いでしょう。
住みたいと思える素敵なまちを見つけたら、注文住宅で理想の家を建てましょう。
注文住宅のご相談は、ぜひ鳳店までお越しください。

資料請求
来場予約