スタッフブログ 住宅展示場春日部店

STAFF BLOG

「認定低炭素住宅」は何がお得なの?

2019.05.27

私が書きました

メンバー
名前
伊藤淳一
趣味
登山・テニス(初心者)
メッセージ
最近キャンプや登山・運動不足防止の為にテニスをやっています。お気軽に展示場に来場下さい。お待ちしております。

省エネ住宅を建てるなら、認定低炭素住宅の制度について調べておきましょう。

e88fff389b15aaf6a4716d5588fd2f8d_s
※画像はイメージです

認定低炭素住宅とは?

認定低炭素住宅とは、平成24年12月に施行のエコまち法(正式名:都市の低炭素化促進に関する法律)で決められた「低炭素建築物」の要件を満たした住宅をいいます。
低炭素住宅に認定されると、住宅ローン控除の最大限税額が増えたり、登録免許税の額が軽減されたり、住宅ローン「フラット35」の金利が引き下げられたりとさまざまな優遇が受けられます。

低炭素住宅として認定されるには?

低炭素住宅認定の要件として代表的なものは、太陽光発電パネルの設置、断熱窓ガラス(複層ガラス)の採用、高効率給湯器などの省エネ設備を設置などが挙げられます。
省エネ設備を設置することで、暮らしの上でのCO2発生を抑制することが目的です。

認定低炭素住宅のメリットとは?

認定低酸素住宅は、長期優良認定住宅よりコストを抑えながら同じような税制優遇が受けられるメリットがあります。
長期優良認定住宅の税制優遇は認定低酸素住宅の優遇とほぼ変わりませんが、長期優良住宅として認められるには省エネ設備の設置のほか、耐震性や劣化対策など、より厳しい条件が課されます。

まとめ

注文住宅では、さまざまな税制優遇のチャンスがあります。
マイホームを購入するなら、ぜひ省エネ設備の整った新築一戸建てをご検討ください。
注文住宅に興味はありましたら、春日部店までお越しください。

資料請求
来場予約