スタッフブログ 住宅展示場高崎店

STAFF BLOG

拡張性を重視しよう!注文住宅をバリアフリーにする際の注意点

2018.12.28

私が書きました

メンバー
名前
須田邦宏
メッセージ
家づくりは一生に一度になるかもしれない大きな買い物です。夢も希望も不安も疑問もたくさんあると思います。何でもかまいません。ぜひ、マイホームに対する想いを私にぶつけて下さい。お客様一つ一つのお気持ちを反映した楽しい家づくりを一緒に行いましょう。

バリアフリー仕様の注文住宅を建てたいと考えている方へ向けて、バリアフリー住宅の注意点を解説します。

01065aca093dde96946a95ed7d4113e4_s
※画像はイメージです

将来どういったバリアフリーが必要になるかはわからない

建てた家を「終の棲家」にするために、新築の時点でバリアフリー住宅を建てたいと考える人は少なくありません。

しかし、実際に体が弱ってきたり、車椅子等で生活している身内がいたりする人でない限り、「将来自分が弱ったときの使い勝手」を完ぺきに予想して必要なバリアフリー仕様にするのは困難です。

手すりの設置などいつでもできる工事は後回しにして、必要最低限のバリアフリー仕様に抑えましょう。

バリアフリー住宅を建てるときは「拡張性」を重視しよう

バリアフリーにしても、家は経年劣化します。築30年を越えた段階で初めてバリアフリーを活用するより、築20年でリフォームして、その時必要なバリアフリーを導入する方が実用的です。

注文住宅をバリアフリーにする場合は、廊下や浴室を車椅子でも快適に使える広さにしたり、玄関にスロープ作っておくなど、リフォームしやすい拡張性を重視した設計にしましょう。

まとめ

必要性の高いバリアフリーやあると便利なバリアフリー仕様について詳しく知りたい方は、高崎店までぜひお越しください。