スタッフブログ 住宅展示場一宮開明店

STAFF BLOG

注文住宅における収納づくりの注意点

2018.11.26

私が書きました

メンバー
名前
濱嶋邦浩
趣味
読書
メッセージ
理想の住まいをご希望のご予算で実現できるよう、お客様の立場にたってご納得いただけるまでご提案させて頂きます。

間取りを考える際、「収納スペースをどこに、どれくらいの広さで確保するか」を悩む方は多いです。

そこで今回は、注文住宅づくりで収納の失敗を避ける注意点をご紹介します。

ad67c5b0fa586f84e23ff101171d407b_s
※画像はイメージです

注文住宅の収納スペースは「床面積の12%以上」が目安

注文住宅の収納スペースは、床面積の12%以上を目安にしましょう。不動産には「収納率」という考え方があり、一戸建ての場合は収納率が12%を切っていると、物が溢れて快適に暮らせないとされています。

ただし、収納スペースはたくさんあれば良いというものでもありません。収納が増えると部屋は狭くなってしまうからです。床面積の12%を目安に、収納の場所や広さを暮らし方に合わせて調整しましょう。

「普段使い用」と「普段使わないもの」で収納スペースを分ける

掃除用品などの良く使うものは、使う場所の近くに小さな収納を作っておくと便利です。

逆に、季節ものなど使う機会が少ないものは、大型の収納スペースにまとめて片付けるようにすれば、デッドスペースを減らせます。

まとめ

荷物の量やライフスタイルによって、使い勝手の良い収納スペースの作り方は変わってきます。注文住宅の収納について詳しく知りたい方は、一宮開明店までぜひお越しください。