スタッフブログ 住宅展示場高崎店

STAFF BLOG

「すまい給付金」をもらって節約!住宅ローン利用時の給付条件を解説

2018.11.26

私が書きました

メンバー
名前
田口
メッセージ
前職は不動産会社に延べ8年ほど勤務しておりました。その経験を活かした土地探しからお客様の家づくりのサポートを致します。「お求めやすい価格で夢のマイホームを」をモットーにお客様に寄り添った家づくりをご提案させて頂きます。

家を買って手続きをすると、最大で30~50万円の「すまい給付金」がもらえます。ただし、すまい給付金の給付条件は複雑です。

今回は、住宅ローンを組んで家を買った場合の給付条件を解説します。

e4265a84568f2d71457f8b46a1cf8648_s
※画像はイメージです

住宅ローン利用時にすまい給付金をもらえるのはどんな人?

すまい給付金をもらうための基本条件は、

  • ・自分が住むための家を買ってそこに住むこと(投資用などはNG)
  • ・収入が一定以下であること

です。収入の制限は消費税率によって変わり、消費税8%の場合はおよそ510万円以下、10%の場合はおよそ775万円以下となります。

さらに、住宅ローン利用時は以下の条件も必須です。

    • ・少なくとも5年以上かけて返済する住宅ローンを組んでいること
    • ・平成33年の12月までに新居へ引っ越すこと
    • ・引き渡しから1年3ヶ月以内に「給付申請書」等を用意して申請すること
    • ・家の広さ(床面積)が50m2以上あること
    • ・建設中に住宅の品質を保証できる検査を受けていること

(瑕疵担保責任保険に加入している・住宅性能表示制度を利用しているなど)

まとめ

すまい給付金の利用条件は、住宅ローンを使う場合と使わない場合、また新築と中古の場合で違います。具体的な給付額や申請書類の準備、給付金の申請手続きなどわかりづらいことも多いので、すまい給付金について詳しく知りたい方は、高崎店までぜひお越しください。