家づくりにかかる諸費用を把握しよう - 一建設株式会社 はじめの注文住宅|新築一戸建て・建売住宅の一建設

スタッフブログ 注文住宅1課・2課

STAFF BLOG

家づくりにかかる諸費用を把握しよう

2018.08.31

私が書きました

注文住宅を建てるには、土地代や建築費の他にもさまざまな費用が発生します。
何がどれくらい必要なのか、ご紹介しましょう。

73fec99ed5e475e463e41326428cc0f1_s
※画像はイメージです

諸費用は工事費の約5~10%

それぞれの事情によって異なりますが、諸費用の相場は工事費のだいたい5~10%程度です。
仮に工事費を1,000万円とすると、諸費用として50~100万円を用意しておく必要があります。

不動産取得税・登録免許税

土地や建物を新たに取得した場合にかかる「不動産取得税」は、固定資産税の評価額に応じて課税されます。
また土地や建物の所有権登記を行う際に、登録免許税がかかります。

土地の仲介手数料・住宅ローン手数料

仲介業者を通して土地を購入した場合、仲介手数料がかかります
また、住宅ローンの利用や土地・建物の登記の手数料など、さまざまな事務手数料が必要になります。

火災保険料・団体信用生命保険料

住宅ローンを利用する場合、ほとんどの金融機関で火災保険や団信(団体信用生命保険)への加入が義務付けられています。

その他の費用

古い家を建て替える場合は仮住まいの家賃や家財の保管費用、引っ越し費用などが必要です。
新居に合わせたカーテンや照明器具なども、工事とは別途費用がかかるので注意しましょう。

まとめ

家を建てるために必要な費用がイメージできましたでしょうか。
注文住宅を建てたくなったら、一度、注文住宅1課・2課までご相談ください。