キッズ
コーナー有
ブログ
更新中

住宅展示場西宮店

写真
写真
写真
写真
写真

マウスオーバーで画像が大きくなります

見て触れて実感ください!

【営業時間】9:00~18:00
(定休日:水曜日)

住所 兵庫県西宮市若草町1-8-14
TEL 0798-45-7766
最寄り駅 阪神電鉄本線「鳴尾」駅 徒歩15分
東海道本線「甲子園口」駅 徒歩17分
営業時間 9:00~18:00 定休日:水曜日

コメント

住宅展示場西宮店は、一建設創立50周年記念モデル「デザイナーズ」仕様を一部取り入れた店舗となっております。
ローコストプラスαをご提案させて頂きます。
ぜひお気軽にお立ち寄りください。
皆様のご来店をスタッフ一同心よりお待ちしております。

一建設 Staff Blog~家づくりと地域情報をつづります~

照明の色の種類と選び方のコツ

2018.09.29

私が書きました

メンバー
名前
吉岡満
趣味
名城巡り
メッセージ
より多くのお客様に高品質の住宅をより低価格で供給する事によりお客様に『満足』いただくという当社の経営理念をもとに、スタッフ一同、日々の業務に励んでおります。お気軽にご来店お問い合わせください。

新築の家で照明を選ぶなら、お部屋の使用目的に合わせて光の色を変えてみましょう。
今回は、照明の色の種類と、選び方のコツをご案内します。

4e89f1fb9d886396d004a64ad9dfd0d0_s
※画像はイメージです

市販されている照明の色は、一般的に次の三色に分けられます。

リラックスを誘う「電球色」

オレンジ色のあたたかみのある光で、脳への刺激が少なく眠気を誘うリラックス効果があります。
料理がより美味しく見えるのもこの色で、レストランやカフェでもよく使われています。
寝室やダイニングの照明は、電球色がおすすめです。

脳を活性化する「昼光色」

少し青みがかった白い光で、明るくはっきりとものを照らし、脳へ強い刺激を与える色です。
集中力が必要な作業をする際に最適な色なので、勉強部屋や家事室などにおすすめです。

自然に近い光「昼白色」

昼光色よりも太陽の光に近い、白色の光です。
自然に近い色なので脳へのストレスも少なく、長時間目にしても疲れにくいので、長い時間を過ごすリビングルームなどにおすすめです。
太陽の下で見た時の正確な色を確認できるので、メイクを行う場所やクローゼットなどに用意しておくと便利です。

まとめ

同じ部屋でも照明の色を変えることで、雰囲気がガラリと変わります。
照明の使い方に正解はないので、いろいろ試して自分に合う照明の色を探してみましょう。
天井照明は昼白色、スタンドなどの間接照明は電球色を使って、シーンによって使い分けるという手もあります。
素敵な家づくりをしたくなったら、ぜひ西宮店までお越しください。

新築一戸建てをおしゃれに仕上げる!失敗しない壁紙の選び方

2018.09.22

私が書きました

メンバー
名前
高見 昌秀
趣味
畑で野菜をつくる・映画鑑賞
メッセージ
生まれも育ちも加古川です。毎日、通勤に1時間30分かかります。現在、阪神間のエリアを勉強中です。
住宅に関して何かご相談がございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。宜しくお願い致します。

壁紙次第で、室内の印象は大きく変わります。

ただ、たとえ重要さをわかっていても壁紙選びで失敗してしまう方が実は多くいらっしゃいます。

今回は、新築一戸建ての失敗を避けるために知っておきたい壁紙選びのポイントをご紹介します。

e6e534bdd8ded6b20c892d643c89efeb_s
※画像はイメージです

傷や汚れが目立たない壁紙にする

どれだけきれいな壁紙でも、汚れや傷があるときれいに見えません。壁紙選びでは、壁紙の色だけでなく傷のつきにくさや汚れの落としやすさにも目を向けましょう。

また、防臭機能や湿度の調整機能を持った壁紙を選べば、普段の生活も快適になります。

小さな色見本だけで決めない

壁紙選びに失敗してしまう理由のひとつは、小さな色見本と壁一面に貼られた壁紙では、色や柄の見え方が違うこと。実は、色には「面積が大きければ大きいほど明るく鮮やかに見える」という特徴があるのです。

色見本と完成図のズレを防ぐため、壁紙を選ぶときはできるだけ大きなサイズのサンプルを見せてもらいましょう。また、住宅展示場で使われている壁紙に同色の色見本を当ててみて、どのくらい見え方に差が出るのかを確認しておくという方法もあります。

まとめ

壁紙選びの失敗を避け、おしゃれな注文住宅を建てたい方は、西宮店までお越しください。

布基礎とベタ基礎、どちらを選ぶべき?

2018.08.31

私が書きました

メンバー
名前
大路竜也
趣味
野球観戦、猫カフェ巡り
メッセージ
大工である父親の影響もあり、この世界に興味を持ちました。打合せではお客様のご要望を出来る限り実現出来るよう勤めます。展示場もございますので、ぜひご見学ください。

注文住宅の基礎には「布基礎」と「ベタ基礎」の2つの種類があります。

一体、どのような違いがあるのでしょうか。

87093ca4e0b9faa72c18661da1206f28_s
※画像はイメージです

縦方向に基礎を伸ばす「布基礎」

布基礎は、建物の壁の下に垂直に基礎を伸ばして建物を支えます。
背が高く重量のある建物を支えたり、地震の縦揺れによって強い力が加わったりした際に威力を発揮します。
オーソドックスな基礎の形ですが、弱い地盤に対しては基礎がバラバラに沈む「不同沈下」の恐れがあります。
不同沈下を起こすと建物が傾いてしまうため、地盤の強度によっては布基礎を選ばない方が良いでしょう。

面で建物を支える「ベタ基礎」

ベタ基礎は、床下一面にコンクリートを敷き面で建物を支えます。弱い地盤でも不同沈下を起こしにくい基礎の形です。
広い面にコンクリートを打つので布基礎に比べてコストがかかってしまいますが、建築基準法上も高い評価を受けています。
ハウスメーカーによっては布基礎を標準設計として見積り、ベタ基礎を選ぶと追加費用を請求する会社もあるので注意しましょう。

まとめ

弊社の「リーブルセレクト」では、どのような地盤でも対応可能なベタ基礎を標準規格として採用しています。
注文住宅を建てたくなったら、ぜひ西宮店までお越しください。