キッズ
コーナー有
ブログ
更新中

セレクト浜松東店

写真
写真
写真
写真
写真

マウスオーバーで画像が大きくなります

見て触れて実感ください!

【営業時間】9:00~18:00
(定休日:水曜日)

住所 〒435-0042 静岡県浜松市東区篠ヶ瀬町493-1
TEL 053-421-6213
最寄り駅 JR東海道本線「天竜川駅」徒歩23分
営業時間 9:00~18:00 定休日:水曜日

コメント

規格型住宅を中心に高品質の住宅をより低価格で提供し、お客様の理想を実現出来るよう心掛けております。東三河・静岡西部エリアで唯一の取扱い営業所となっておりますので、土地探しも含め詳しい内容はお気軽にお問合せください。
スタッフ一同心よりお待ちしております。

一建設 Staff Blog~家づくりと地域情報をつづります~

建売と注文住宅ならどっちがおすすめ?注文住宅を選ぶメリットとは

2018.09.22

私が書きました

メンバー
名前
清川泰弘
趣味
スポーツ観戦
メッセージ
住宅購入には多くの費用がかかります。お子様の教育費やご家族の病気など予期せぬ出費も考えられます。建物に費用をかけすぎて、ぎりぎりのローンを組んでしまうことで、やりたい事ができなくなってしまっては人生を損してしまいます。ご一緒に新築を含めた今後の人生設計をお話しませんか。

一戸建てを購入する際、多くの方が建売にするか注文住宅にするかを迷います。

ただ、せっかく夢のマイホームを建てるのであれば、何もかも思い通りに設計できる注文住宅がおすすめです。

今回は、建売にはない注文住宅ならではのメリットをご紹介します。

76bdf1d0ec07b3e7b45703894e589531_s
※画像はイメージです

間取り・デザインを自由に選べる

注文住宅を選ぶ最大のメリットは、自由度の高さです。利用する不動産会社によってデザインや間取りに制限があるものの、ウォークインクローゼットや太陽光発電システムの設置、使い勝手の良いキッチン設備などすべてが思いのまま。理想のマイホームを実現できます。

自分にとって使いやすいオーダーメイドの家を建てられる

建売の一戸建ては、万人向けの設計です。そのため、「背が低いからキッチンの高さをちょっと調節したい」「廊下のここに収納が欲しい」といった微調整ができません。一方、注文住宅なら、自分たちにとって一番使いやすいオーダーメイドの家づくりができるのです。

まとめ

注文住宅なら、理想のマイホームを建てられます。ただ、マイホームのプランづくりは専門知識がないと難しいものです。
家づくりのアイデアやイメージを形にするサポートを求めている方は、ぜひ浜松東店にご相談ください。

次世代省エネルギー基準にはどんなメリットがあるの?

2018.08.31

私が書きました

メンバー
名前
上田平浩市
メッセージ
住まいづくりは、家族やご自身の生活また歴史を育んでいくうえで貴重なスタートになります。ただ、分からない事や不安な事も多々あるのも現実。そんな問題や不安を一緒になって解決していきましょう。土地の問題、間取り、資金計画などさまざまな問題を精一杯ご協力させて頂きます。

ハウスメーカーのホームページやパンフレットにある「次世代省エネルギー基準」。

具体的にどのようなメリットがあるか、ご説明します。

1cb67841f239cd05d1529d6efb3a2d75_s
※画像はイメージです

次世代省エネルギー基準とは?

地球温暖化対策として、平成11年に国土交通省で定められた住宅断熱性能の基準です。
平成25年の法改正でさらに高いレベルの基準に改められました。
それまでの日本の住宅は風通しが良く湿度に強い一方、断熱性が低く冷暖房の効率が悪いという特徴がありました。
次世代省エネルギー基準には、断熱性を高めることでエネルギー効率を改善し、CO2排出を抑える目的があります。

次世代省エネルギー基準のメリット

次世代省エネルギー基準に法的拘束力はありませんが、住宅ローンの金利や貸付額で優遇されるメリットがあります。
また、家全体が魔法瓶のように熱が逃げにくい構造になっているので、少ないエネルギーで冷房や暖房を効かせることができます。
結果的に光熱費が抑えられることも大きなメリットです。

まとめ

古い家を建て替えて、断熱性の高いエコ住宅にしませんか?
弊社の人気商品「リーブルセレクト」では、「次世代省エネルギー基準」を採用しています。
注文住宅を建てたくなったら、ぜひ浜松東店までお越しください。

どうして木造住宅は湿気に強いの?木材が湿気に強い理由を解説

2018.08.21

私が書きました

メンバー
名前
青島博幸
趣味
ドライブ
メッセージ
一建設では、「より多くのお客様に高品質の住宅をより低価格で提供する」というコンセプトのもと、土地購入からお考えの方にも検討しやすい価格でのご提案を行っています。また、住まいづくりは多くの方にとって、一生に一度の大きな買い物です。まずはお客様の理想の住まいをお聞かせください。そしてそれを形にしていくのが、我々の仕事です。一緒に素敵な住まいを考えていきましょう。

鉄筋や鉄骨、コンクリートと比べた場合、水が染み込んでしまう木材はいまひとつ湿気に弱いというイメージがありますよね。

しかし、木造住宅は意外と湿気に強くて快適なのです。

今回は、どうして木造住宅が湿気に強いのか、その理由をご説明します。

0ba3237c19078875c42fb8bb33b87f2c_s

※画像はイメージです

良く乾燥した木材は腐食に強い

木材が腐食する条件は、以下の通りです。

  • ・気温20~35℃
  • ・湿度80%以上
  • ・木材内の水分量が20%以上

しかし、住宅用の木材は、基本的に数年かけてしっかりと乾燥させたものを使います。腐食の原因となる水分が抜けきっているため、多少湿気に触れた程度では腐食しないのです。

木材には調湿作用がある

木材は、周囲の湿度に合わせて湿気を吸い込んだり、吐き出したりする調湿作用を持っています。コンクリートや鉄筋だと湿気を受けて結露し、徐々に劣化したりサビたりしてしまいますが、木材は呼吸するため、長時間水に浸すなどしない限り腐食しません。

まとめ

木造住宅は、適度に湿気を吸い込んで室内の湿度を一定に保つため、一年中快適に過ごすことができます。雨が多く多湿な日本では、木造軸組工法の住宅がおすすめです。

浜松東店では、完成現場へのご案内も行っています。展示場は豪華になっていますが、完成現場は実際に住まわれる等身大のものです。木造住宅についてもっと詳しく知りたい方は、ぜひ浜松東店へご相談ください。