キッズ
コーナー有
ブログ
更新中

住宅展示場南町田店

写真
写真
写真
写真
写真

マウスオーバーで画像が大きくなります

見て触れて実感ください!

【営業時間】9:00~18:00
(定休日:水曜日)

住所 〒194-0004 東京都町田市鶴間1-21-12
TEL 042-706-3225
最寄り駅 東急田園都市線「南町田グランベリーパーク駅」
徒歩7分
営業時間 9:00~18:00 定休日:水曜日

コメント

住宅展示場南町田店は、車椅子でのご来場も大歓迎です。ライフスタイルに合わせた理想の住まいが実現出来るよう、精一杯お手伝いさせて頂きます。
明るく広々とした打合せスペースとポカポカのキッズコーナーで皆様のご来場をスタッフ一同心よりお待ちしております。

一建設 Staff Blog~家づくりと地域情報をつづります~

注文住宅の収納プランで失敗する理由とは?

2021.03.31

私が書きました

メンバー
名前
中村
趣味
野球・読書
メッセージ
1級建築士の父親の影響を受けて家に興味を持ちました。大学での専攻はドイツ文学ですが、就職してから20年間営業一筋です。豊富な経験を活かして、間違いのない家作りのお手伝いを致しますので、お気軽にご来場ください。

注文住宅の家づくりでは収納にこだわる人が多い一方、「失敗した」「後悔」したという声もたびたび聞こえてきます。
収納のプランニングで失敗しないための大切なポイントについてお話しします。

4247181_s
※画像はイメージです

収納は量だけじゃなく、場所も大事!

大型のウォークインクローゼットを用意して「収納はこれでOK」と思っていませんか?
収納のプランニングは、用途に応じて適切な場所に配置するのも大切です。
頻繁に使うものは廊下やリビングの取り出しやすい場所に、外で使うものは玄関や庭に、収納も「適材適所」を意識しましょう。

照明や電源コンセントがあると便利

奥行きの深い収納は、中が暗く物が探しにくいことがあります。
収納の手前や内部に照明があると、大きな収納がぐっと使いやすくなります。
掃除機やアイロンのような家電の収納の近くには、電源コンセントを用意しておくのもおすすめです。
取り出した家電をその場でサッと使えると、思った以上に家事が楽になります。

まとめ

子どもの成長やライフスタイルの変化にともなって、必要な収納の形も変化します。
新しい家を建てるなら、フレキシブルな大型収納と便利な壁面収納の併用がおすすめです。
注文住宅の家づくりに興味がありましたら、ぜひ南町田店までお問い合わせください。

注文住宅の諸費用とは?

2021.03.22

私が書きました

メンバー
名前
小原直生
趣味
スキー・サッカー
メッセージ
建物だけでなく、外構やお庭作りもご相談ください。我が家の実体験を踏まえてご提案いたします。芝張りは意外と難しくないんです。

注文住宅を建てる場合、家や土地のお金とは別に、諸費用の支払いが必要です。

ただ、内訳の良くわからないお金は用意したくない、納得した上で払いたいと考える方もいるでしょう。
そこで今回は、注文住宅の諸費用とは具体的にどういう出費なのかを解説します。

4551738_s
※画像はイメージです

各種手数料

諸費用の大半を占めるのが、家を買ったり住宅ローンを組んだりする際にかかる各種手数料です。
家を買うと登記という手続きが必要になりますし、手続きを司法書士に任せる場合は司法書士費用も支払うことになります。
これらの費用は、家や土地の代金ではないため、諸費用としてまとめられているわけです。

税金

不動産を購入すると、納税も必要になります。
不動産を新しく手に入れたときにかかる不動産取得税や、登記手続きの際に納める登録免許税、親類縁者から住宅購入支援を援助してもらった場合は、額によって贈与税の納税も必要です。
また、住宅購入直後に必要になるとは限りませんが、不動産の所有者は毎年固定資産税も負担することになります。

まとめ

不動産購入時に支払う諸費用は、各種手数料や税金等をまとめたものです。
支払うお金の内訳や、金額の妥当さについて詳しく知りたい方は、南町田店までぜひお越しください。

自分で整理整頓できるようになる子ども部屋の作り方

2021.02.27

私が書きました

メンバー
名前
石川由佳子
趣味
旅行・ギャラリー巡り
メッセージ
インテリアコーディネーターとして押し付けではなく、お客様に寄り添い、時には一緒に悩みながら、その方らしい住まいづくりのお手伝いを心がけています。現在のお困りごと、これからの理想の暮らしを是非お聞かせください。一緒に住まいづくりを楽しみましょう。

新しい家に子ども部屋を作るなら、子どもが自分でお片付けや整理整頓にチャレンジできるお部屋にしませんか?

2070076_s
※画像はイメージです

子ども目線で使いやすい収納を

子どもが自分で整理整頓できるようになるには、子どもにとって片付けやすい収納を工夫しましょう。
カラーボックスやローチェストを使って、子どもの低い視線でも見やすく手の届く位置に収納場所をつくります。

中身がわかりやすい収納にする

お部屋をスッキリ見せたい方は、扉や引出しのついた「隠す収納」にこだわってしまいます。
しかし中身がわからない収納方法は、子ども目線ではどこに何があるか分からず整理整頓がしにくい状態になってしまいます。
オープンな棚や写真を使ったラベリングなどで、どこに何があるか一目でわかる収納を工夫しましょう。

子どものこだわりを尊重する

2~3歳くらいの小さな子どもでも、気に入ったおもちゃやぬいぐるみの置き場所にこだわりがある子が大勢います。
成長して自分で整理整頓できる年齢なら、なおさら自分の意見があるものです。
収納場所を決める時は子どもの意見も聞きながら、本人が積極的にお片付けできるやり方を選びましょう。

まとめ

子どもが自分の部屋を持つことは、自主性や独立心を育てるきっかけとなります。
そろそろ子ども部屋が欲しいと思ったら、注文住宅の自由なプランニングでご家族にぴったりの間取りの家を建てませんか?
注文住宅に興味がありましたら、ぜひ南町田店までお問い合わせください。