キッズ
コーナー有
ブログ
更新中

住宅展示場春日部店

写真
写真
写真
写真
写真

マウスオーバーで画像が大きくなります

見て触れて実感ください!

【営業時間】9:00~18:00
(定休日:水曜日)

住所 〒344-0065 埼玉県春日部市谷原3-17-3
TEL 048-731-7100
最寄り駅 東武伊勢崎線「春日部駅」徒歩17分
営業時間 9:00~18:00 定休日:水曜日

コメント

『手の届くマイホーム』がここにあります。
展示場春日部店は、ゆりのき通りのパシオスさんとシュープラザさんの間に位置してます。
ちょっとわかりづらいですが、一見の価値はあります。
予算とご希望にあわせて『あなたにちょうどいい注文住宅を提案します!』
スタッフ一同心よりお待ちしております。

一建設 Staff Blog~家づくりと地域情報をつづります~

狭い土地で家を建てる際の注意事項とは

2019.09.13

私が書きました

メンバー
名前
髙野浩
趣味
スノーボード・SUP
メッセージ
注文住宅は高いと思ってる方、是非一度ご来店ください。経験豊なスタッフが親切・丁寧に対応させていただきます。きっとあなたも『マイホーム』を手に入れられますよ!

駅の近くや市街地など、利便性の良い場所に家を建てようとするとなかなか広い土地が手に入りませんよね。
狭い土地に家を建てたい時には、どのようなことに注意すれば良いでしょうか?

d00e34d5e505a1760f48a0300d964ce7_s
※画像はイメージです

狭い土地は工事が大変!?

狭い土地では重機の小回りが利かないため、工事がやりにくいというデメリットがあります。
手作業で進めなければならない工程が増えると時間もかかり、仮設費や人件費もかさんでしまいます。
また建設予定地までの道が狭くトラックや重機が行き来しにくいことも、都会の利便性の良い土地によくある現象です。

狭小住宅は建材も手作り!?

ハウスメーカーの注文住宅のメリットは、設備や建材を規格化しスケールメリットでコストダウンできる点です。
しかし狭小地に合わせた小さな家を建てようとすると、このメリットが生かせない場合があります。
小さな家では規格サイズの部品や建材が使えないこともあり、そうすると部品や建材を現場の手作業で調整しなければいけません。
手作業が増えた分は時間・費用ともにコストアップとなってしまいます。

まとめ

家づくりでは、単純な家の大きさに比例して費用がかかるとはいえない場合もあります。
家を建てる土地を選ぶ際は、どのような家が建てられるかも良く吟味して決断しましょう。
注文住宅に興味がありましたら、ぜひ春日部店までお越しください。

あると便利!注文住宅を建てる際に導入したい便利な設備とは

2019.09.13

私が書きました

メンバー
名前
加藤一郎
趣味
ゴルフ・音楽・映画鑑賞
メッセージ
注文住宅営業歴30年、プラン、住宅ローン等分からない事は何でも聞いて下さい!休日の時は今80年代の洋楽に再度嵌ってよく聞いてます。アラベスク、ジンギスカン等良いですよ~。

注文住宅の強みは、仕様の決まった分譲住宅や建売住宅に比べて、設備やデザインの自由度が高いことです。
ただ、人間は選択肢が多すぎると、かえってベストな設備やデザインを絞り込めません。

そこで今回は、注文住宅を建てる際にあると便利なおすすめ設備をご紹介します。

5afb083e5ed40431abec5939e9d14573_s
※画像はイメージです

サイズを合わせたシステムキッチン

注文住宅を建てるなら、キッチンの仕様にこだわりましょう。
市販品のキッチンでも、高さを合わせると一気に使いやすくなります。
また、サイズの大きなキッチンや変わった仕様のキッチンも、注文住宅なら間取りを合わせて設置可能です。
少しのこだわりで、キッチンの使い勝手は大きく変わります。
水回りのリフォームは費用が高いので、できれば新築するときに予算をかけましょう。

ウォークインクローゼット

収納を増やしたい場合や、部屋をすっきりさせたい場合にあると便利なのが、ウォークインクローゼットです。
多くの荷物を収納できるため、夏に使う扇風機や冬場に活躍するこたつ、普段は使わないスーツケースなどを収納する物置としても利用できます。
衣服やアクセサリー、趣味のグッズなどを保管するスペースとしても便利です。

まとめ

注文住宅のおすすめ設備について詳しく知りたい方は、春日部店までぜひお越しください。

新しいライフスタイルに「ユーティリティルーム」を取り入れよう

2019.09.03

私が書きました

メンバー
名前
伊藤淳一
趣味
登山・テニス(初心者)
メッセージ
最近キャンプや登山・運動不足防止の為にテニスをやっています。お気軽に展示場に来場下さい。お待ちしております。

最近の間取りのトレンドとして、「ユーティリティルーム」の人気が挙げられます。
ユーティリティルームとはどんな部屋なのでしょうか?

99297159311007d373e015d839692c43_s
※画像はイメージです

多目的に使える「ユーティリティルーム」

ユーティリティルームとは日本語で「家事室」と表す場合が多く、洗濯物を畳んでアイロンがけをしたり、あるいは家計簿をつけたりと、工夫次第で多目的に利用できるスペースです。
最近はウォークインクローゼットを併設して洗濯の動線をより短く簡潔にしたり、キッチンの隣に大型パントリーと一体化させたユーティリティルームを設けたりといったプランが人気です。

くつろぐスペースと家事スペースを分ける

ユーティリティルームがあると、リビングで洗濯物を広げたりダイニングテーブルで書類や家計簿を記入したりすることがなくなるので、くつろぐスペースと家事のスペースをはっきり分けることができます。
リビングダイニングを常に美しくキープできるので、仕事が忙しく家事の時間が取れない共働きのご夫婦にはぜひおすすめしたいプランニングです。
平日の夜は居心地のよいリビングでゆっくり疲れをいやし、休日はユーティリティルームで家事をいっきに片付けてしまう…これからはそんなライフスタイルが一般的になるのかもしれません。

まとめ

間取りを工夫することで、ライフスタイルが変わります。
理想の家族のあり方を実現させるために、ぜひ注文住宅での家づくりをご検討ください。
注文住宅に興味がありましたら、どうぞ春日部店までお越しくださいませ。

資料請求
来場予約