キッズ
コーナー有
ブログ
更新中

はじめギャラリー名取

写真
写真
写真
写真
写真

マウスオーバーで画像が大きくなります

見て触れて実感ください!

【営業時間】9:00~18:00
(定休日:水曜日)

住所 〒981-1227
宮城県名取市杜せきのした5-4-3
アクロスプラザ杜せきのした内
TEL 022-384-5036
最寄り駅 仙台空港アクセス線
杜せきのした駅 徒歩6分
営業時間 9:00~18:00 定休日:水曜日

コメント

東北発!!住まい提案の総合ショールーム「はじめギャラリー名取」がオープンしました!
◆◆◆
モデルルームやスタイル別のキッチン&玄関コーナー。ハイエンドモデルのLDKコーナー、Iot・スマート住宅などの体感コーナー、構造・性能体験コーナーなどと、見たいもの・知りたいもの・聞きたいものなど様々取り揃えております
◆◆◆
 「はじめギャラリー名取」は杜せきのした駅・イオンモール名取様より東方向へ徒歩6分、アクロスプラザ杜せきのした(複合商業施設)内にございます。車でお越しのお客様も広い駐車場を完備しております。また、キッズルーム、授乳室もご用意致しておりますのでご安心してお越しくださいませ。
お客様のご来店をスタッフ一同 心よりお待ちしております。

一建設 Staff Blog~家づくりと地域情報をつづります~

最近の注文住宅で人気の間取り3選

2020.07.31

私が書きました

メンバー
名前
藤原衛
趣味
テニス・楽器
メッセージ
真面目に本気で住まいづくりに取組んでいます。間取り、設備機器、性能、外観、内装、外構・・・住まいづくりは考えることがいっぱいです。その中で『一番いいとこ取り』の家を一緒に作りましょう。

最近の注文住宅では、家族の絆をはぐくむ開放的な間取りが人気です。

3403804_s
※画像はイメージです

家族の会話が増える「オープンキッチン」

リビングとダイニングが一体化したリビング・ダイニングはすっかり定番の間取りとなりました。
さらに現代では、料理や洗い物をしながらリビング・ダイニングの様子がうかがえるオープンキッチンが人気です。

なかでも対面カウンターキッチンは、キッチンの独立性を程よく維持したまま家族と会話ができる開放感で人気の高い間取りです。

テレワークに対応「ワークスペース」

テレワークの普及で、自宅にワークスペースを設ける家族も増えています。
一昔前の書斎のように個室ではなく、リビングの一角の開放的なスペースにレイアウトされるのが今どきのワークスペースです。
家族を大切にしながらしっかり仕事もする、ワークライフスタイルを重視した現代の家族像を象徴する間取りです。

家事を効率的に「ユーティリティールーム」

洗濯物を干す、畳む、収納するなどの一連の動作を一ヵ所で済ませるユーティリティールーム(家事室)の人気も上昇しています。
効率的に家事を行うことで、家族で過ごす時間を増やせるのが人気の理由です。

まとめ

家族のあり方が見直されている時代の変化に合わせて、家の間取りも変化しています。
一昔前に流行した間取りでは、今の家族には使いづらい部分がどうしても出てしまいます。

注文住宅で、新しい家族の形に合わせた機能的な間取りの家を建てませんか?
注文住宅に興味がありましたら、ぜひはじめギャラリー名取までお問い合わせください。

バリアフリーに対応した家づくりの注意点

2020.07.13

私が書きました

メンバー
名前
艾ひとみ
趣味
食べ歩き・旅行
メッセージ
幼稚園教諭歴8年・建設業界歴四半世紀と長年この業界に携わって参りました。いつの時代もお客様にご提供する姿勢は変わっておりません。建築の温故知新でお客様により良いものをご提供いたします。

平均寿命が80歳を越える日本では、若いときに建てた注文住宅で老後を過ごすケースが増えています。
ただし、年を取ると、若いときと同じように体を動かすことができません。
そこで今回は、老後の快適な暮らしに必要な、バリアフリー化の注意点をご紹介します。

2961807_s
※画像はイメージです

最初から完璧なバリアフリーを目指さない

注文住宅をバリアフリー対応にする際の注意点は、「最初から完璧なバリアフリーにしようとしない」ことです。
バリアフリー仕様が本領を発揮するのは、老後や事故・病気などで体が不自由になってから。
ライフスタイルや家族構成によっても、適したバリアフリーの仕様は変わってきます。
コストカットのためにも、家族に合わせた設計をするためにも、設計時点では廊下の幅や玄関回りといった基礎的なバリアフリーに力を入れましょう。

玄関・トイレ・浴室の広さに余裕を持たせる

玄関・トイレ・浴室は、車椅子のまま利用できるように広くしておくのがおすすめです。
玄関や水回りの拡張は、手すりの設置やスライドドアの導入といった簡易的な工事よりもお金がかかります。
前もってバリアフリーにしておくことで、将来のリフォーム費用を節約することができます。

まとめ

玄関やトイレ等の基礎を広く作っておけば、節約しつつバリアフリーを実現できます。
老後も過ごしやすいバリアフリー仕様の注文住宅を建てたい方は、はじめギャラリー名取までぜひお越しください。

遊びに来る孫が喜ぶ家づくりのポイント

2020.07.02

私が書きました

メンバー
名前
髙橋未来
趣味
ねこカフェめぐり
メッセージ
話すことが好きなので、お客様とたくさんお話し一緒にお住まいを作り上げていくことを大切にしております。家作りのことから趣味のお話まで、なんでもお気軽にお声掛けいただければ嬉しいです。

せっかく家を建て替えるなら、孫たちが喜んで遊びに来る家にしませんか?

665581_s
※画像はイメージです

お泊りしやすい和室

子や孫たちが里帰りした時にリラックスして過ごせるよう、独立したお部屋があると喜ばれます。
しかし、常に一部屋開けておくのではもったいないので、客間としても使える和室を用意しましょう。
和室であれば普段は座卓と座布団を敷いてお客様とお茶を飲むスペースとして、孫たちがお泊りするときは襖を閉じて布団を敷き寝室として使えます。

リビングの延長にある庭

小さな子どもは広い庭で走り回るのが大好きです。
リビングから良く見える庭であれば、安心して孫たちを遊ばせることができるでしょう。
普段は忙しく暮らしている子や孫たちも、子ども達は元気に遊んでストレス発散、パパ・ママはリビングで一休みできて喜ばれます。

使いやすいトイレ

小さな子どもが慣れないトイレを利用するのは、思った以上に緊張するもの。
トイレの場所が分かりにくい、遠い場所にある、暗くて怖い、などの理由で「おじいちゃん・おばあちゃんの家に行きたくない」という孫は多いようです。
子ども達にも使いやすい環境のトイレがあれば、孫たちも安心して遊びに来られるかもしれません。

まとめ

家族みんなに喜ばれる新しい家で、子や孫たちに囲まれた生活を送りませんか?
注文住宅なら、自由なプランニングで思い通りの家づくりが可能です。
注文住宅に興味がありましたら、ぜひはじめギャラリー名取までお問い合わせください。

資料請求
来場予約